reread
また読みたい
フォロー
“異界・梦津國(ゆめつくに)”から人間の国、“現國(うつしくに)”に入り込む異形のモノたち…。様々な姿形をした彼らは、“患(わずら)”と呼ばれていた。その患を退治する洋村三幸(なだむらみゆき)のもとへ、師匠である老婆が紫ノ杉兎(しのすぎうさぎ)という孫の女の子を連れて来た。だが兎は、一週間前に赤い服の患に声を盗られてしまっていて、喋ることができなかった…。“患オロシ”三幸が様々な事件に立ち向かう、和風ファンタジーアクション!
異界・“梦津國(ゆめつくに)”から人間の国、“現國(うつしくに)”に入り込む“患(わずら)”を狩る“患オロシ”を裏稼業とする洋村三幸(なだむらみゆき)。ある時、全身に百の目を持つ目(まなこ)と名乗る少年が現れ、兎をさらってしまう。兎を助けようとする三幸だが、目の力の前に瀕死の重傷を負ってしまい…。果たして三幸は、兎を助けることができるのか!?異色の和風ファンタジー完結巻!