また読みたい
フォロー
外国人だらけのボロアパートに暮らす事になった純朴青年・安部(あんべ)の、ドタバタな極貧生活を描いた人情コメディ。東京の大学生になりたくて家出してきた浪人生・安部は、部屋とバイトを探そうと歩いていた時、声をかけてきた露天商の少女・しのぶに店番を頼まれる。その後、店に戻ってきたしのぶからお願いされて、苦労しているフィリピン娘・ミリンダの露天で店番をしてあげた安部だったが……!?
ひょんなことから、しのぶ&ミリンダに嫌われてしまった安部(あんべ)は、ガイガーに協力してもらって二人と仲直りする。そして運命の大学受験日を迎えた安部は、アパートの皆に見送られて出かけるが、大切なリュックを忘れてしまう。それに気づいたしのぶは、慌てて追いかけて歩道橋で安部を呼び止めるのだが、階段から転げ落ちて頭を打ってしまい……!?
安部(あんべ)がもらった芸術家・雲海(うんかい)のオブジェを売り飛ばし、思わぬ大金を得たしのぶ&ミリンダ。その大金を元手に金儲けのアイデアを考えるしのぶは、とりあえず銀行に預けてもらおうとミリンダに大金をすべて渡す。しかしミリンダは、絶対に儲かると言われて、怪しい土地売買に大金全部を使ってしまう。その時、原野商法に騙されたミリンダを責めるしのぶだったが……!?そして安部達がコーポ徳川から立ち退きを通知されて?なんだか心温まる完結巻。