icon_reread
また読みたい
フォロー
ハルカの陶(1)
日常に物足りなさを感じていた小山はるかは、デパートで備前焼の展覧会を目にする。1枚の大皿に心を奪われたはるかは、備前焼作家“若竹修”の名前だけを頼りに、岡山県備前市へ飛ぶ!
ハルカの陶(2)
備前焼作家・若竹修の弟子として陶芸修業に励むハルカは毎年秋に開催される一大イベント<備前焼まつり>の準備に忙しい。そして東京でのOL時代の上司がハルカを連れ戻しに備前へ…!
ハルカの陶(3)
初めての窯焚きに心躍らせるハルカ。天候不安を乗り越えて、やっと窯に火がはいるが…ハルカの作品の運命は…!?岡山芸術文化賞功労賞受賞!新聞、テレビ、ネット各メディア絶賛の備前焼漫画、感動の最終巻!