icon_reread
また読みたい
フォロー
戦国武将烈伝 北条早雲
1472年――駿河の国。城主“今川義忠”の側室、“北川殿”の兄……勃起不全で童貞のまま四十を越えた“伊勢新九郎”。泰然として、毒にも薬にもならぬと、気にかけられることもない。しかし、一揆で城主が落命し、国が混乱してから、その才気がめきめき発揮される。まずは城主の一粒種“竜王丸”を、隠匿。そして次なる手は……。五十九歳で出家し“早雲伊勢宗瑞”と名を改め、天下を狙った男の壮絶なる生き様を描いた官能歴史ロマン!