icon_reread
また読みたい
フォロー
まぐろ土佐船(1)
▼第1話/団結式 ▼第2話/まぐろ漁 ▼第3話/転機 ▼第4話/それぞれの事情 ▼第5話/骨のないもの ▼第6話/鮫 ▼第7話/男の最低限 ▼第8話/油断 ▼第9話/男の意地 ▼第10話/手紙 ●登場人物/斎條(第58寿栄丸のコック長。ずぶの素人ながらマグロ漁船に乗り込み、今回が2回目の出漁)、浜口(漁師の息子。マグロ船員訓練校を卒業し、今回初めて船に乗る)、山口(第58寿栄丸の漁労長。漁におけるすべての判断と責任を負う)、村岡(第58寿栄丸の甲板長。豪快にして面倒見のよい、根っからの漁師) ●あらすじ/日本人の胃袋を満たすため、マグロを釣り続ける21人の船員たち。だが、いかに屈強な海の男でも、腹は減る。第58寿栄丸に乗り込んだ新人コック長・斎條が、漁師の空腹と、荒海にほんろうされる厨房を相手に包丁を振るう…! 世界の果ての海で命と友情をかける男たちを描いた、名匠・青柳裕介入魂の一作、ついに単行本化!!
まぐろ土佐船(2)
▼第1話/みんなの子 ▼第2話/モリ打ち ▼第3話/まぐろ料理 ▼第4話/救助 ▼第5話/ケープタウン(前編) ▼第6話/ケープタウン(後編) ▼第7話/食パン ▼第8話/忠告 ▼第9話/船乗りの居場所 ▼第10話/決意 ●登場人物/斎條(第58寿栄丸のコック長。ずぶの素人ながらマグロ漁船に乗り込み、今回が2回目の出漁)、浜口(漁師の息子。マグロ船員訓練校を卒業し、今回初めて船に乗る)、山口(第58寿栄丸の漁労長。漁におけるすべての判断と責任を負う)、村岡(第58寿栄丸の甲板長。豪快にして面倒見のよい、根っからの漁師)、青山(第58寿栄丸の機関長。機械を相手にする仕事柄、大きな声を出せる。家族思い) ●あらすじ/機関長の青山に電報が届く。息子が倒れたというのだ。息子のために「この航海が終わったら船をおりる」という青山に、第58寿栄丸の乗組員は、漁師を続けるよう説得にかかる。悩む青山に、斎條の提案は…(第1話)。
まぐろ土佐船(3)
▼第1話/機械屋 ▼第2話/流れ星 ▼第3話/男の愉み ▼第4話/存在 ▼第5話/鏡 ▼第6話/望郷の味 ▼第7話/朋輩 ▼第8話/漁師味 ▼最終話/土佐船の男達 ●主な登場人物/斎條(第58寿栄丸のコック長。ずぶの素人ながらマグロ漁船に乗り込み、今回が2回目の出漁)、浜口(漁師の息子。マグロ船員訓練校を卒業し、今回初めて船に乗る)、山口(第58寿栄丸の漁労長。漁におけるすべての判断と責任を負う)、村岡(第58寿栄丸の甲板長。豪快にして面倒見のよい、根っからの漁師)、青山(第58寿栄丸の機関長。機械を相手にする仕事柄、大きな声を出せる。家族思い) ●あらすじ/南アフリカ・ケープタウン沖。第58寿栄丸の航海は長引き、船員たちの疲労は溜まっていた。そんな時、船の機械が故障し、縄が巻き揚げられなくなってしまう。修理に手間取る青山機関長に苛立つ船員たち。だが、乗船間もない橋爪一等機関士の指摘で電気関係の故障と判明。以来船員たちは、青山ではなく橋爪を頼るようになり…(第1話)。 ●本巻の特徴/海に生きる男達のドラマの結末は…? 青柳裕介氏絶筆のあとを引き継いで完成された、感動の大団円! ●その他の登場人物/日和崎(第58寿栄丸の船長。山口漁労長が病気で倒れた後、漁労長代行をつとめる)、鬼島(ベテラン甲板員。口は悪いが男気に溢れている)