あらすじ

山形に帰省した白木涼一だが、なぜかそこに、赤羽荘の同居人である青海和彦と赤羽比呂志も同行することになる。東京の自由な空気と違い、“家”や“格”にこだわる実家の家族に白木は嫌気がさす。白木の様子がおかしいことに気づいた青海と赤羽は、白木の悩みを解決しようと、行動を始める。