新ブラックジャックによろしく 完全版1
「じゃあ、君が腎臓をくれるの…?」超一流、永禄大学医学部の附属病院。斉藤英二郎の最後の研修先となったのは泌尿器科だった。先輩看護師・赤城が末期の腎不全であることを知った斉藤は、彼女の命を救うために“腎臓移植”と向き合っていくこととなる。「医者って一体何なんだ?」切実な自問から始まった彼の熱き闘いは、いよいよ核心部へ。はたして斉藤はその手に答えを掴めるのか…最後のステージが幕を開ける。著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザインを一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版2
「仮に僕が赤城さんに腎臓を提供しようとしたら可能ですか…?」難病のI型糖尿病を患い死に近づいていく赤城。彼女を救うために「自分に一体何が出来るのか?」しかし、斉藤がたどり着いた結論は医療の“常識”ではとうてい受け入れられないものだった…。ルールが命に優先するのか?医者のあるべき姿とは?斉藤は巨大な壁に挑む…赤城を救うために。著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版3
「赤城さんが死んでしまったら、僕には医者である意味なんてない…」かつて腎臓移植に失敗し、もはや移植をかたくなに拒絶する赤城。しかし、赤城の命にこだわる斉藤は八方塞がりの中、ある行動に走るが…。一方、斉藤と別れた皆川は“失恋”に戸惑いながらも、新しい仕事に自らの居場所を見出そうとする。それぞれの想いが交錯する中、赤城を取り巻く人々の渦は一つの局面を迎える…著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版4
「腎不全で苦しんでいる知り合いに腎臓を提供することがどうして問題なのですか…?」斉藤からの腎臓提供の申し入れをついに受け入れた赤城。永大では前例のない“他人同士の移植”…そこへ向かって全てが動き始めた。それぞれの思惑が入り乱れる中、斉藤は過去に起きたある“事件”の存在を知る。それは永大に深く刻まれた移植医療の闇だった…著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版5
「この青年は明日のあなたよ…この腎臓は明日のあなたの腎臓よ…」交通事故により脳死状態に陥った青年はドナーカードを持っていた。両親は息子の“最期の願い”を叶えるためだと信じて臓器提供を決意するが…。提供者の担当看護師として悲痛の両親に付き添う皆川…そして、臓器摘出手術に参加する斉藤。それぞれが移植の現実を目の当たりにしたその夜、二人が求め合ったものは…著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版6
「他の人に身体を触れられたくないの…あなたの手で私にメスを入れて…」教授が斎藤に見せた少女の写真。それは人工透析により成長が止まってしまった教授の娘・美和だった。かつて“脳死は人の死か?”で激しく揺れていた時代…永大初となる脳死腎移植の第1号として我が娘を差し出す教授。執刀を任されひた走る若き日の近藤…移植医療に異を唱えながらも美和の身を案じるムツミ。しかし、彼らが向かった先に待ち受けるものとは…著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版7
「僕がやろうとしていることが間違っているのなら…僕から医師免許を取り上げて下さい…」斉藤から赤城への腎臓移植を倫理委員会は否決…斉藤は委員達に直訴するが…。審判の時を迎えた斉藤らを赤城の母が尋ねる…10年ぶりに再開した娘は再び移植に命を託そうとしていた。一方、息子から他人に腎臓を提供すると聞かされた斉藤の両親の心情は…。そして、皆川が斉藤に告げた悲痛なまでの決心とは…。人が人を救うことがどうして許されないのか、全員が幸せになれる物語は存在しないのか…著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版8
「僕は医者です…赤城さんを助けたいだけです…」ただ一つの想いから斉藤は最後まで訴え続ける。赤城の命を救うことは善か悪か…倫理委員会の審判がいよいよ下されようとしている。医療とは何か、医者とは何か。斉藤が貫いた己との闘いは、はたして世界を変えることができるのか…著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
新ブラックジャックによろしく 完全版9
「今後5年間、“Yes”としか言わないことができるかね…?従順な機械になることが君にできるかね…?」斉藤の意志が実現させた前代未聞の“他人間移植”…その影響は計り知れず、斉藤の前途をも閉ざそうとしていた。5年後、斉藤に最後の指示が下される。「全てを壊せ…新しい世界を創造しろ…そして教えてくれないか…君の見つけた答えを…」。「医者って一体何なんだ!?」斉藤がたどり着いたその答えとは……「新ブラックジャックによろしく」完結著者・佐藤秀峰監修による高画質『完全版』!! 表紙デザイン等を一新し、連載当時のカラーページを完全再現!!
06/14(火)まで