少年は夜に嘲笑う 1話
「ぼくの犬だよ」アクシデントで出会った少年は、異常な「犬」を飼っていて――!?どこにでもいる普通の大学生・高須賀ゆうは、バイトをクビになったある日、不注意から自転車で中学生の少年を轢いてしまった! 謝罪をしようとする彼に、少年は「お願いをひとつ聞いてくれたら見逃してあげる」と言い出し――※本作品は雑誌「Strada+vol.22」にも掲載されておりますので、重複購入にご注意ください。
また読みたい
フォロー