icon_reread
また読みたい
フォロー
バラの館
「危険な仕事を辞める気も結婚する気もない」親代わりの遺産管財人マッケイブへの初恋が泡となって消えたウィン。彼が仕事で大けがをしたため、同居することになる。彼への想いを断ち切って婚約までしたのに、ひとつ屋根の下で暮らすことになるなんて!? 野性的な魅力を惜しげもなく放つマッケイブは、情熱のおもむくまま唇を重ねてきた。私の幸せは温かな家庭をもつことなのに、危険な香りのする彼に惹かれてしまう自分の気持ちに抗えない。どうしたらいいの──?