【新装版】秦始皇帝(上)
人間の栄枯盛衰はまさにうたかたの夢、この世に生を享けた限りは、見果てぬ夢でも一度は栄華の夢を見てみたい――――。そう思う趙の大商人・呂不韋は秦の公子・子楚に自分の一生を賭けていた。全財産を投げ打ち子楚が秦の国を継ぐように働きかける呂不韋だったが……。巨匠・久松文雄が描く中国古典の世界! 目次 序 章 詩人 屈原 第一章 邯鄲の夢 第二章 奇貨居くべし 第三章 華陽夫人 第四章 偽りの花 第五章 運命の子ら 第六章 立太子 第七章 禍いの種 第八章 炎鹿
【新装版】秦始皇帝(下)
呂不韋は自らの野望を成し遂げるために、自らの胤を宿した寵姫・朱姫を秦王・子楚に嫁がせた。朱姫の腹から出た太子・政は長じて秦王として天下統一に目覚めていくのだが……。のちに始皇帝となる政の生涯を、巨匠・久松文雄が描く! 目次 第九章 疑惑 第十章 反乱 第十一章 誅殺 第十二章 骨肉の争い 第十三章 樊於期 第十四章 刺客 荊軻 第十五章 炎鹿の死 終 章 中国制覇
また読みたい
フォロー