あらすじ

最終巻。瞳を救出して戻ってくる鷹王。長縞と対決する。ネブラの暴風に邪魔されるが、見事三振に打ち取った。悪魔(ネブラ)に不満をぶつける長縞だったが、そこにネブラの円盤が現れ、光線を浴びた長縞は消滅する。そしてワールドシリーズを制したGASSとのコスミックファイト。全世界が見守る中、鷹王の820キロの光球も通じず、ジャガーズの敗色濃厚になった。だがそこで鷹王達に最終成長が起こり、試合は五分五分となる。最後に一騎打ちとなって、瞳と合体した鷹王が敵を打ち破った。宇宙憲章を無視して攻撃をしようとしたネブラの円盤も鷹王が破壊し、宇宙に平和が訪れる。