icon_reread
また読みたい
フォロー
熱い夜の代償 1話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 2話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 3話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 4話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 5話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 6話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 7話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 8話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 9話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。
熱い夜の代償 10話(単話)
高級アパートメントで留守番のバイトをしていたベサニーは、衣裳部屋にあった高価なドレスに目がくらみ無断で着てしまう。その時、玄関のドアを叩く音が。どうしよう、住人はまだ帰ってこないはずだけど…。恐る恐るドアを開けると、そこに立っていたのは驚くほどハンサムな男性だった。ベサニーは、このビジネス界の帝王クリスティアーノが自分を令嬢と勘違いしていると知りながら、誘惑に負けて身をまかせた。それが大きな代償を払うことになるとは思いもせずに…。