あらすじ

豚のレバーを生で食べて意識を失ったら異世界に転生して豚になっていた!? 心が読める優しい少女・ジェスとともに、豚の欲望ダダ漏れな冒険が始まる! 第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作が早くもコミカライズ!
豚のレバーは加熱しろ 1

第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作が、ブヒッとコミカライズ!――この物語を通して諸君に伝えたいことは、ただひとつ。豚のレバーは加熱しろ…ということだ。それでも生で食べたい?仕方ない。状況を説明しよう。『俺は豚になっている』豚のレバーを生で食べて意識を失ったら、異世界に転生して豚になっていた!?心が読める優しい少女・ジェスとともに、豚の欲望ダダ漏れな冒険が始まる!

豚のレバーは加熱しろ 2

豚のレバーを生で食べて意識を失ったら異世界に転生して豚になっていた!? 心が読める優しい少女・ジェスとともに、豚の欲望ダダ漏れな冒険が始まる! 第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作が早くもコミカライズ!

豚のレバーは加熱しろ 3

豚のレバーを生で食べて意識を失ったら異世界に転生して豚になっていた!? 心が読める優しい少女・ジェスとともに、豚の欲望ダダ漏れな冒険が始まる! 第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作が早くもコミカライズ!

豚のレバーは加熱しろ 4

豚のレバーを生で食べて意識を失ったら異世界に転生して豚になっていた!? 心が読める優しい少女・ジェスとともに、豚の欲望ダダ漏れな冒険が始まる! 第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作が早くもコミカライズ!

豚のレバーは加熱しろ 5

豚になってしまった眼鏡ヒョロガリクソ童貞は無事に元の世界へと帰還した。──が、眼鏡ヒョロガリクソ童貞は再び豚となってメステリアの地に立っていた。イェスマの少女・セレスと黒豚となったクソロリコン・サノンと合流し、一行は剣闘士となってしまったノットを助けるため、手がかりを探し始める。『ひとつ、聞いてくださいますか…?』美少女にお世話される、異世界転生いちゃラブ豚ファンタジー、第5巻!

豚のレバーは加熱しろ 6

再び豚となった眼鏡ヒョロガリクソ童貞は、同じく黒豚となったクソロリコン・サノンとイェスマの少女・セレスとともに二アベルに到着する。サノンの自慢の嗅覚で解放軍のイツネとその弟のヨシュの場所を突き止めると、早速情報共有が行われた。その後ノットも合流し、いよいよ出港となるが、ある男が豚を連れ去ってしまう。しかし、その男からは願ってもいないことを言い渡され──『条件をのんでくれたらジェスに会わせてやる』美少女にお世話される、異世界転生いちゃラブ豚ファンタジー、第6巻!