影の英雄の日常譚(1) 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。
勇者と魔王が転生の度に生存と権力をかけて争う〈勇魔大戦〉。4度目の大戦も勇者が魔王を倒した…のは表向きの事実。魔王討伐を果たした真の英雄は、依頼があればどんな敵でも殲滅する影の代行人・トゥエイトだった。大戦後、語られぬ英雄として平穏な生活を送ることを望んだトゥエイトは、王立ビルダーズ学園「普通科」への入学を希望するが――?平和な日常を守るため、語られぬ英雄が闇を狩る!!
影の英雄の日常譚(2) 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。
第四次勇魔大戦において、勇者の代わりに秘密裏に魔王を倒した代行人・トゥエイトは、今までかかわりのなかった「人並みの日常」を知るべく、王立ビルダーズ学園普通科に入学した。有名騎士団の合同演習会場に学園が選ばれ、生徒たちが盛り上がる中、友人・エリシアの様子が一変する。彼女はかつて父を死に追いやった黒幕も演習に訪れると知り、破滅的な復讐心にとらわれていた――。きっとこれは、誰かのためでなく自分のため。語られぬ英雄が闇に舞う!
影の英雄の日常譚(3) 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。
第四次勇魔大戦において、勇者の代わりに秘密裏に魔王を倒した代行人・トゥエイトは、今までかかわりのなかった「人並みの日常」を知るべく、王立ビルダーズ学園普通科に入学した。かつて所属していた組織の元上司からの依頼で、身分を隠して学園に通っている他国の王女の護衛任務を請け負うことになる。周囲にも、王女本人にも悟られてはならないこの任務は、どこか違和感を覚えるもので――?あの日から、優先すべきはいつだって目の前の日常だった。語られぬ英雄が闇を駆ける!

影の英雄の日常譚

かげのえいゆうのにちじょうたんかどかわこみっくすえーす
影の英雄の日常譚(1) 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。
影の英雄の日常譚(2) 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。
影の英雄の日常譚(3) 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。