あらすじ

星屑(ほしくず)は少年型のロボット。ニーナは可憐な女子高生。ふたりは出会い、そして、物語は「光のスピード」で進んでいく。人間は死ぬが、ロボットは死なない。記録が残り、子孫が残っても、ロボットは生き続けていく。永劫の果てに、星屑(ほしくず)がたどり着いたのは、なんと“電力というエネルギーが時代遅れになった”時代!そして、ニーナの血脈がたどり着いたのは、“人類の存在しない”未来!物語は神の速度で進んでいく!タイムスキップコメディー『星屑ニーナ』第3巻!!