また読みたい
フォロー
山岳警備隊の嘉門遥(かもん・はるか)と鹿賀晶(かが・あきら)の活躍を描いた山岳レスキュードラマ。悪天候の劔岳で遭難してしまった医大生・鹿賀晶は、これが初出動となった北アルプス警備隊員・嘉門遥によって助けられる。その3年後、北アルプス警備隊の新人隊員となった鹿賀は、遭難事故で出動した遙が雪渓で滑り落ちたと知らされ、彼女の捜索に出動するのだが……!?
母親殺しの重要参考人として警察に追われる少年・優希(ゆうき)は、その途中で誘拐した幼児・正太(しょうた)を道連れに、思い出の場所である劔岳への無謀な登頂を試みる。落雷の中、彼らを発見した嘉門遥(かもん・はるか)は、人生に絶望した優希が遥の父親である一馬(かずま)を慕って劔岳へやってきたのだと知る。そして遥は、優希へ一馬が死亡した事を告げるのだが、その直後、彼女に落雷が直撃して……!?
勝手な行動をした遭難者・美樹(みき)を追いかけて本隊とはぐれてしまった鹿賀晶(かが・あきら)。その後、たいした装備もなく無線も壊れた鹿賀と美樹は、緊急避難用の小屋を目指すが、そこは以前に利用者の火の不始末で全焼していた。そこで雪洞を作って吹雪をしのいだ鹿賀達は、突然の地震による雪崩に襲われて、美樹が捻挫で動けなくなる。そして美樹を背負って尾根を歩く鹿賀だったが、ついに体力が尽きて倒れてしまい……!?
謹慎処分になった鹿賀晶(かが・あきら)と一緒に劔岳を登った嘉門遥(かもん・はるか)は、その山頂で鹿賀から愛を告白されて受け入れる。そんな時、エベレスト遠征の話が持ち込まれて断った鹿賀は、その遠征に鹿賀のザイルパートナーであった千秋亮(ちあき・りょう)が参加するのを遥から教えられて考え直す。そして片手が義手になった千秋の無謀な挑戦を知った鹿賀は、エベレスト遠征を決意して……!?
エベレスト遠征から帰って北アルプス警備隊に職務復帰した鹿賀晶(かが・あきら)は、嘉門遥(かもん・はるか)や陸上自衛隊の神部(かんべ)の合同訓練に同行する。その時、神部は自分の方が優れているのを見せつけようと、危険な山壁を直登しようと持ちかける。しかしそこで鹿賀や遥のクライミングの早さに驚愕した神部は、焦って浮き石を落としてしまい、遥が負傷して……!?山岳警備隊員の心意気に感動する完結巻。