reread
また読みたい
フォロー
死んだ夫のあとを受け、念願の刑事となった紅谷留美。彼女が配属された東都警察署は、『羅生門』の異名を持ついわくつきの署だった。赴任早々、警察署の前でオデン屋を営む刑事課長・吉見や、そのオデン屋で食い逃げを働く警部補・黒田など、タダモノでない男たちが留美を迎える。翌日、コンビを組む黒田と共に、窃盗事件の現場へ出向いた留美は……。
東都警察署に警視庁の特捜班から依頼がきた。実業家・渋谷広が公共事業に絡む贈賄のカギを握っているという噂が出たため、銀座に現れる渋谷を極秘に捜査するというもの。警察組織の中でも謎の多い『特捜』の存在に疑問を持ちつつも、留美たちは、管轄違いの銀座での捜査に全署を挙げて取り組む。だが、留美たちの捜査中、特捜が東都警察署の所轄で内偵を進めていたことが分かり……。
通称『羅生門』と呼ばれる東都警察署。そこで紅谷留美は、母として刑事として、懸命に毎日を送っていた。そんなある日、なんと小学生が「僕を逮捕していいよ」と刑事課にやってきた。困惑する留美をよそに、黒田は「好きにさせとけ」といって少年を入り口に立たせておくのだが…。
ある女子高生がスクーターを運転中、首に巻いていたロングマフラーが隣のトラックの車輪にはさまり、そのまま体ごと巻き込まれて轢かれるという事故が起きた。だが、交通課は「交通事故死ゼロ月間」のノルマ達成のため、「24時間以内の死亡」が「交通事故死者」の条件ということを念頭に、被害者の延命を病院側に懇願。一方、被害者の父親は『明日の卒業式までは生きていて欲しい』と願い、病院側に提案されるまま生命維持装置の使用を了承したのだが……!?
パトロール中、偶然あて逃げを目撃した留美は、即座に車から飛び降り、果敢にも加害者の車の前に立ちはだかる。車を停止させ、運転手の中年女性を問いつめると、なんと飲酒運転であることも判明した。だがこの女性が、東都署巡査部長・坂東の妻だったことから、さらに事態は複雑に…!?
年の瀬も押し迫ったある日、ひとりの幼女が行方不明になった。寝る間も惜しんで捜索する東都署の刑事たちだが、捜査は難航。留美と安全は、犯人が女児の服を買ったり洗濯に出したりする可能性にかける「衣服担当」として乏しい線をたどっていた。聞き込みで訪れたクリーニング屋、証言のあやふやな目撃者。連日の捜査の疲れからか、全ての人間が疑わしく思えてきて…!?
ある日の捜査で、体を張って強盗団を取り押さえた東都警察署刑事課の面々。しかし、そこに現れた隣の所轄の刑事たちに手柄を横取りされてしまい、安全をはじめとする誰もが悔しがっていた。そんな時、署に帰って来た留美たちは、拾った財布を届けにきた女の子・まゆみと出会う。「将来はオマワリさんになりたい」と語る少女の姿に感動すら覚える刑事たち。しかし、まゆみの住所が隣の所轄であることが判明し…!?
カッターナイフを片手に、コンビニにやって来たひとりの男。無表情のままレジの女性に刃を向け、店員2人を人質にして立て籠りを始めた。通報を受け現場に駆けつけた留美たちは、犯人の特定と並行して人質に関する聞き込みを開始する。一方、何の要求も出さず、虚ろな眼で外を眺めるだけの犯人は、人質に対して「世の中が変だと思ったことありませんか?」とつぶやいて…
張り込み現場へ向かう車中、年始だというのに暗い表情で町を行き交う人々を見つめ、「この先良い事なんてあるんですかねぇ」などと愚痴をこぼす野原。いつもと違ってネガティブな発言が多い彼の態度に、同行の留美も心配顔である。そして車は、逃亡中の指名手配犯・安川猛の自宅前に到着。そこでの張り込み中に野原は、「3日前に警察手帳を紛失してしまった」という衝撃的事実を留美に告げるのだが…!?