icon_reread
また読みたい
フォロー
獣人たちの溺愛すぎる日常 ジョシィファンタジー story01
人間と共存し、自在に獣へ姿を変えられ、獣の姿のまま言葉を操ることのできる種族がいる。「獣人」と呼ばれる彼らには、生涯無くてはならないもの、それは「番い」。生涯愛し抜き、共に生きる相手が、彼ら「獣人」にはどうしても必要なのだ。だが、そんなに情熱的な愛は、きっと自分には向かない。平穏な恋がお似合いだ――城勤めの女性・ミュスカは、そんなことを思っていた。ふわふわと酔ってしまった頭で、目の前で自分を抱く、美しい男性を目の前にして。その彼こそが「獣人」。“氷眼鏡閣下”と仇名されるウィスタリア中将閣下だった――!「ムーンライトノベルズ」(「小説家になろうグループ」)で話題沸騰の名作が、美麗な絵でコミカライズ!あまくとろけるいちゃラブ世界をお楽しみに!(49P)(この作品はウェブ・マガジン:ジョシィファンタジー Vol.2に収録されています。重複購入にご注意ください。)
Love Jossie 獣人たちの溺愛すぎる日常 story02
人間と共存し、自在に獣へ姿を変えられ、獣の姿のまま言葉を操ることのできる、「獣人」たち。彼らには、生涯愛し抜き、共に生きる相手「番い」が必要なのだ。そんな獣人である、ユークリッド・ウィスタリア中将閣下に見初められ、酔った勢いで(?)ひと晩を過ごしてしまった城仕えのメイド・ミュスカ。平凡な愛で構わない、と常々思っていた彼女だったが、「ミュスカ、愛しています――」とユークリッドの熱い熱い告白に戸惑うばかり。“氷眼鏡閣下”とあだ名されるほど、冷徹に見えたユークリッドが内に秘めた想いに、ミュスカの答えは…!?「ムーンライトノベルズ」(「小説家になろうグループ」)で話題沸騰の名作が、gamu先生の美麗な絵でコミカライズ!あまくとろけるいちゃラブ世界をお楽しみに!(42P)(この作品はウェブ・マガジン:Love Jossie Vol.59に収録されています。重複購入にご注意ください。)
Love Jossie 獣人たちの溺愛すぎる日常 story03
人間と共存し、自在に獣へ姿を変えられ、獣の姿のまま言葉を操ることのできる「獣人」たち。そんな彼らには、生涯愛を注ぐ相手「番い」が必要なのだ。城勤めのメイドであるミュスカが、酔った勢いで(?)ひと晩を過ごしてしまったのは、獣人であり、なおかつ“氷眼鏡閣下”とあだ名される、ユークリッド・ウィスタリア中将閣下だった!冷徹そうに見える眼鏡の奥からは信じられないほどの、熱い眼差し…そして、どんなにミュスカを愛しているかを熱く語る彼を目の前にすると、平凡な愛で構わない、と常々思っていた彼女だったのに、心の底から不思議な感情が芽生え始めて――氷眼鏡閣下の熱い口づけに、ミュスカの身体はとろけそうに…。「ムーンライトノベルズ」(「小説家になろう」グループ)で話題沸騰の名作が、gamu先生の美麗な絵でコミカライズ!あまくとろけるいちゃラブ世界をお楽しみに!(50P)(この作品はウェブ・マガジン:Love Jossie Vol.62に収録されています。重複購入にご注意ください。)