icon_reread
また読みたい
フォロー
九泉之島(1)
母・朝葵(あさぎ)を喪った中学生・立花勇磨(たちばな・ゆうま)は十年ぶりに母の故郷・三頭(みかしら)島の鵺哭(ぬえなき)家へ赴くことに。鵺哭家頭首である祖母から勇磨は後継者に指名される。異様な儀式と風習を長年守り続ける三頭島。転がる惨殺死体、島人の異様な反応、闇で蠢く牛頭の女、勇磨の運命は、この島に翻弄される――。この島の深淵を見てはならない。この島の秘密を訊いてはならない。この島の真実を話してはならない。新世代伝奇漫画、出現!
九泉之島(2)
神を封じ、神を喰らい、神を殺す。それがこの島の者の務め。――中学生・立花勇磨(たちばな・ゆうま)が十年ぶりに訪れた、母の故郷・三頭(みかしら)島。母と祖母の相次ぐ急死によって、勇磨は三頭島での権力を継承する。この島の深奥には、島民ですら知らない禁忌が存在していた。古くから伝わる儀式「神喰(かんじき)」の日、惨劇が島を襲う!新世代伝奇漫画、完結!!