あらすじ

地中海からインドに至る広大な“世界帝国”を築き上げた神話的巨人・大王アレクサンドロス。このマケドニア生まれの一人の良き青年を“世界”の涯(はて)へと駆り立てたのは何であったのか?アレクサンドロスの死後、その後継者(ディアドゴイ)戦争を40余年も戦い、80歳を過ぎて戦場で死したアレクサンドロスの友人・リュシマコスの目を通して描く。講和を申し入れるペルシャ王ダレイオスに対し、ガウガメラ大平原での戦いに挑むアレクサンドロス。世界の統治者を目指す彼の目に映るのは……?名匠・安彦良和がアレクサンドロス33年の生涯を描いた歴史コミックの傑作、ここに堂々の完結。※本書はNHK出版より刊行された『完全版アレクサンドロス~世界帝国への夢』を分冊しています。