icon_reread
また読みたい
フォロー
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(1)
「舐められてくすぐったいってことは、気持ちよくなるってことだから。いっぱい感じて、蜜…」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(2)
「あー、やっぱ限界。俺、襲われるより、襲うほうが好きなんだよね」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで……ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(3)
「ココは俺のこと覚えてるみたいですよ?いきなりなのに、可愛く吸い付いてくる…」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(4)
「絶食系?そうかもね…蜜以外の女に興味ねえし」「ん、ここアイス垂れてない?俺が舐め取ってあげる」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが…―― この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(5)
「9年前、遊びまくってた俺を変えたのは蜜なのに。今だってこんなに感じてるのに…どうして――…」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は…いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(6)
「入口の浅いとこ、好きでしょ?いっぱいこすって… ナカも外も全部、気持ちよくなって」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(7)
「メガネ外した顔、俺以外に見せるなんて。許しません… 今すぐ、抱きたい」――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(8)
「蜜、もしかして胸だけでイッた?」想いを伝え合えたら、いつも以上に気持ちよくて…!? ――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで…… ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが… ――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は… いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(9)
「いっぱいシていいよ?皐くんで満たされたい…」好きな人が自分で気持ちよくなっている姿をみたら嬉しくて――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで……ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが…――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!? 獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は…いったいどういうこと!?
蜂蜜えっち。 ~草食男子と同居…のはずがガツガツに抱かれてます~(10)
「忘れてないよね?帰ったら…お仕置きって」意識させられてしまう《結婚》の二文字…。どこか引け腰の蜜に対し、蜂嶺くんの9年分の思いが止まらない!? ――下着メーカーで働く咲坂蜜は、恋よりも仕事に夢中で、彼氏も8年前にフラれたきり。ある時、営業部から異動してきた蜂嶺皐が、蜜の部下につくことに。女性社員に言い寄られても、「僕、恋愛に興味ないっていうか、ここ数年性欲自体ないっていうか。むしろ平和に過ごしたいんで……ほっといてもらっていいですか?」とあっけらかんと言い、仕事もできる蜂嶺に、蜜も少しずつ心を開いていく。そんな時、わけあって急に蜂嶺と暮らすことになってしまう蜜。異性と同居はちょっと不安だけど、草食どころか《絶食系》の蜂嶺くんなら、きっと大丈夫。そう思った蜜だったが…――この後輩クン、一筋縄ではいかなくて!?獲物を狙っているような、なのに愛おしげな独占欲の表情は…いったいどういうこと!?