また読みたい
フォロー
「やさしゅう弄(いら)わな、はじけてしまいそうや。もっと聴いてみたいわ、お嬢さんの音色――…」甘い美声に囁かれて… カラダの奥、おかしくなっちゃう…! ◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”の姿は謎に包まれていた。そんな中、なぜか特別に取材を許された編集者・芳賀めぐる。しかもお寺に泊まり込みで… いったいどうして? 「撮りたかったらいつでもどうぞ?」だなんて… こんなヤラシイ姿… 撮れるわけない! ――いけず=イジワルな溺愛にとろかされちゃう、めくるめく官能&胸きゅんストーリー。
「さ、どんなふうに抱かれたいん?お嬢さんに選ばしたげる」誰もが振り向くイケメンとの京都デート… って、こんなえっちなプライベート、記事にできません…っ! ◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”の姿は謎に包まれていた。そんな中、なぜか特別に取材を許された編集者・芳賀めぐる。しかもお寺に泊まり込みで… いったいどうして? 「撮りたかったらいつでもどうぞ?」だなんて… こんなヤラシイ姿… 撮れるわけない! ――いけず=イジワルな溺愛にとろかされちゃう、めくるめく官能&胸きゅんストーリー。
「《琴線に触れる》て、こういうこと言うんやろな」明かされる秘密、そして重なってしまうカラダ…。お願い、これ以上私の心を乱さないで…! 「堪忍してや。そないぎゅうぎゅうに締められたら…たまらんわ」◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”の姿は謎に包まれていた。そんな中、なぜか特別に取材を許された編集者・芳賀めぐる。しかもお寺に泊まり込みで… いったいどうして? 「撮りたかったらいつでもどうぞ?」だなんて… こんなヤラシイ姿… 撮れるわけない! ――いけず=イジワルな溺愛にとろかされちゃう、めくるめく官能&胸きゅんストーリー。
「“檀家さん”やのうて、僕のお嫁さんになって」皆の前での大胆な《愛の告白》、そして激しい愛撫に、私は…! 「もう我慢なんか、したげへん」◆京都の山奥にたたずむ名刹・柳然寺。そこでは超絶美形の名物住職・柳生悠真が、ときおり琵琶を弾きながら説法をするという。女性ファン達が詰めかける様子はさながらライブ会場と話題になるほど。だが同時に、柳然寺は《あらゆる撮影と取材拒否》であり、“悠真様”の姿は謎に包まれていた。そんな中、なぜか特別に取材を許された編集者・芳賀めぐる。しかもお寺に泊まり込みで… いったいどうして? 「撮りたかったらいつでもどうぞ?」だなんて… こんなヤラシイ姿… 撮れるわけない! ――いけず=イジワルな溺愛にとろかされちゃう、めくるめく官能&胸きゅんストーリー。