また読みたい
フォロー
同僚の男性に初めてその店につれて行ってもらったのは、梅雨入りの頃だった。新橋にある地下のその店で飲んだ、あの水割りの味が今も私の胸を締め付けて──。※本作品は、他コンテンツに収録されている場合がございます。重複購入にご注意ください。