reread
また読みたい
フォロー
高校時代の友人・楓が、彼氏にフラれ部屋を追い出されたと泣きついてきたのは一週間前。滅多に頼ってこない相手からのお願いに柊太はルームシェアを快諾…したのだが、早々に後悔していた。夜中に大声で通話、脱ぎ散らかした部屋、ズボラすぎる楓に生活リズムを崩され職場でミスを連発。ついに我慢の限界に達した柊太は同居解消を決意し帰宅するも、そこには「顔色が悪くて心配だったから」とご飯を作った楓が待っていて…!?真面目な教師×自由すぎるズボラ人間、高校時代からの同級生二人の一つ屋根の下同棲ライフ。
楓とのエッチな夢を見てしまったせいで妙に意識してしまう柊太。でもこれは欲求不満だからと、久々に自慰をしようとするが…!
「恋愛は一瞬で終わる…そんなの耐えられない」楓にとって柊太は誰よりも大切な存在、けど恋愛感情を持ちたくない理由があって…