あらすじ

本作は、ロシアの文豪ドストエフスキーの代表作「罪と罰」を題材としながら、日本ギャグ漫画界の鬼才・漫F画太郎が独自の世界観と価値観を再構築したもので、文学と漫画の新たな融合を目指す、究極の挑戦作である。原作をも凌駕する愛と憎しみの連なりが人の闇を垣間見せる、ドストエフスキーと画太郎究極のコラボレーションコミック、戦慄の第〈2〉巻!※応援コメントおよび似顔絵は電子版に収録しておりません。ご了承ください。