また読みたい
フォロー
外れスキル【地図化(マッピング)】を手にした少年は最強パーティーとダンジョンに挑む(1)(ガルドコミックス)
幼い頃から冒険者になることを夢見ていた少年・ノート。彼が15歳の時に『贈与の儀』で得たスキルは、【地図化】――レアだが冒険には役立たない、いわゆる<外れスキル>と呼ばれるものだった。冒険者としての活躍も見込めず、やる気を失っていたノートは、幼なじみにも見限られ、失意の日々を過ごしていたのだが…… 「そのスキルを持つキミを、ボク達は必要としているんだ」最強パーティー≪到達する者≫のジンから突然の勧誘を受ける!! 最弱の少年がやがて高みに至るファンタジー成長譚、開幕。少年は、誓う。今度こそ、努力することを諦めず、足掻ききろうと。
外れスキル【地図化(マッピング)】を手にした少年は最強パーティーとダンジョンに挑む(2)(ガルドコミックス)
レアだが役に立たないとされる〈外れスキル〉『地図化』を持つ少年・ノートは、最強パーティー『到達する者』に、そのスキルの有用性を見出され勧誘される。冒険者として成り上がる最後のチャンスと奮起した少年は、彼らが求める技能・アーツを習得し、遂にパーティーの一員となったのだが――「俺、『到達する者』抜けるわ」リーダーのフォースが、数多の男を魅了してきた悪女ロズリア…通称『傾国』に篭絡されたことで、パーティーのダンジョン攻略が停滞してしまい――!? 仲間を取り戻すためノートが新たな戦いに挑むファンタジー成長譚、第2幕! 少年は、足掻く。もっと、このメンバーと共に戦うために。
外れスキル【地図化(マッピング)】を手にした少年は最強パーティーとダンジョンに挑む(3)(ガルドコミックス)
神の創りしダンジョンでこそ活きるスキル『地図化』を持つノートは、最強パーティーと共に遂にダンジョンの最前線に降り立つ。調子よくダンジョンを攻略するパーティ―だったが、魔物が放った転移魔法によりエリンとノートだけが、さらなる下層に送り込まれてしまい―― 「無理だよ…もう逃げられない」 凶悪な魔物に囲まれ、心の弱さを露呈したエリンを支えながら、かつてお荷物冒険者だった少年は、生きるために全力で抗う。仲間と生き延びるべくノートが決死の戦いに臨むファンタジー成長譚、第3幕! 少年は決意する。この少女を守り抜くと。