あらすじ

魔女は産まれた時に、心をつぶされ負の感情のみ残される。それなのに、マリのことを考えただけで、名前を口に出すだけで、心が鮮やかになってしまう。笑い合いたいと、思ってしまう。だから、何とかしなければいけない。私の魔力が消えてしまう前に――。自らを、そして世界をも滅ぼす恋に堕ちてしまった魔女の、切なくも美しい恋の物語。