reread
また読みたい
フォロー
宇宙戦争 1
1901年のイギリス・メイベリーに巨大な物体が落下した。それは世界を破滅に誘う終わりの始まりだった――。
宇宙戦争 2
「人類最後の日が来ようとも、命ある限りこの世界を写真に残そう・・・・・・」離れ離れになった夫婦、写真家としての使命。そして、英国軍の武器は、巨大な火星兵器“トライポッド”に抵抗できるのか・・・・・・!!それぞれの信念のもと、人類の存亡をかけた戦いは熾烈さを増す・・・・・・。侵略SFの原点にして頂点。あの歴史的名作が満を持してコミカライズ! 絶望と混沌の第2巻!!