あらすじ

【構想10年のフルカラー超大作】アメリカ。飛葉大陸は田舎町のゴーストリバータウンで保安官の職に就いていた。普段は週に1本、普通電車しかとまらないその町に、「ショータイム車両」付きの特別列車が臨時停車した。麻薬ディーラーが取り仕切るその車両で、8人が銃殺されるという惨劇が起きたのだ。事件の捜査にあたるもFBI捜査官に追い出されてしまった飛葉は、ある女性を犯人とにらみ格闘の末、身柄を確保。事件は一件落着と思われたが、ふたりの乗ったスポーツカーには謎の影が迫っていた。