【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。
愛があるから押忍! 【単話】 1巻
女遊びが大好きな日向組の跡取り息子・十馬は、傘下の月嶋組五男・亜也を用心棒につけることになる。腕っ節には自信がある十馬だが、「坊のことは命にかえても守ります」と宣言する亜也が付くことが内心嬉しくもあった。しかし、亜也には【ある秘密】があって…。 ※本電子書籍は『mimosa vol.1』収録の「愛があるから押忍! 第一話」と同じ内容です。
愛があるから押忍! 【単話】 2巻
組の跡取り息子である十馬は、自分についた付き人の亜也が実はオネエであることを知り衝撃を受ける。目の前にいる亜也から月嶋組の元幹部という風格が感じられず、本当に付き人として役に立つのかと疑心暗鬼になっていた十馬だけど… ※本電子書籍は『mimosa vol.2』収録の「愛があるから押忍! 第二話」と同じ内容です。
愛があるから押忍! 【単話】 3巻
組の跡取り息子である十馬は、オネエの付き人・亜也がかつての同僚・堤と体の関係をもっていたことを知る。自分には部下を従える実力がないのではいかと焦った十馬は、体から支配しようと亜也を抱こうとするが逆に手コキでイかされてしまう。その時の亜也の手の感触が忘れられない十馬は…? ※本電子書籍は『mimosa vol.3』収録の「愛があるから押忍! 第三話」と同じ内容です。
愛があるから押忍! 【単話】 4巻
仕事も女も上手くいかないと空回る十馬は、こんな自分に付くのは組の指示だからかと亜也に問う。「私があなたの側にいたいだけ」と返す亜也に、お前が欲しいと迫る十馬。雨の中キスに夢中になる二人だが、亜也が車へ戻った隙に十馬は堤に連れ去られてしまう。 ※本電子書籍は『mimosa vol.4』収録の「愛があるから押忍! 第四話」と同じ内容です。
愛があるから押忍! 【単話】 5巻
亜也によって助け出された十馬は、亜也と堤の過去の関係に嫉妬しつつも自分の想いを話し始める。抱くために無理強いはしないと言う十馬に心配ないと返す亜也。亜也を抱くはずがたっぷり抱かれるという予想外の展開に、次こそはと亜也に迫る十馬だけど…。 ※本電子書籍は『mimosa vol.5』収録の「愛があるから押忍! 第五話」と同じ内容です。
愛があるから押忍! 【単話】 6巻
次こそは亜也を抱くと意気込む十馬は、亜也と共に日向組・月嶋組の顔合わせに出向く。十馬の組員に対する態度に成長を感じ感激する亜也だったが、父親譲りの女好きは健在だった。嫉妬すると言う亜也に「あれから何もない」と十馬は迫り…。 ※本電子書籍は『mimosa vol.6』収録の「愛があるから押忍! 第六話」と同じ内容です。