03/11(木)まで
読める!
icon_reread
また読みたい
フォロー
アルカフス 1
僕を呼ぶ、懐かしい声。甦る記憶、遠い昔、神社で出会った秘密の友達。気づけば僕は、その声を追いかけていた。走って、走って、たどり着いた先――そこには、僕らの世界とは違うセカイが広がっていた。
アルカフス 2
10年ぶりの再会を果たすも、キュルルは記憶が捻じ曲げられていた。匡は顔も名前も知らないはずの“ご主人様”と認識され、困惑する。行き詰まるなかふと気がつくと、そこには懐かしい景色が広がっていて――。
アルカフス 3
無言の悲鳴しかあげることができないカフス達の石化。スズが苦しむユリウスへの依存。それら一切の呪縛を破壊するため、匡たちはユリウスが執り行う、スズの転生儀式中止作戦に乗り出す。その鍵を握るのは――スズ。