icon_reread
また読みたい
フォロー
女帝(1)
火の国熊本に生まれ育った立花彩香は、普通の女子高生だった。しかし一人の男に裏切られたことが彼女の人生観を変えた。母を病で亡くし進学を断念した彼女は、水商売の世界に身を投じ、男社会への復讐を誓う。
女帝(2)
夜の世界で“女帝”を目指す立花彩香は、スナックから高級クラブへ移ったが、そこで彼女を待っていたのは、ナンバーワンホステス麗子の陰湿ないじめと、女同士の闘いと、し烈な売り上げ競争だった。
女帝(3)
大阪の高級クラブ“エレガンス”のナンバーワンホステスに上りつめた彩香だが、パトロンである美濃村辰吉のすすめで、日本一の高級歓楽街、東京の銀座のクラブに進出を果たした。
女帝(4)
後援者、美濃村辰吉の紹介で、銀座のクラブ“アマン”に勤めた立花彩香は店に来る様々な客に磨かれ、ホステスとして着実に力をつけて行ったが、それだけライバルも多くなっていったのだった。
女帝(5)
持ち前の美貌と才覚でナンバーワンホステスとなった立花彩香だが、ある日偶然、超有名店の黒服進藤英二と知り合うことになり、強引に彼の店“佐和”にスカウトされてしまった。
女帝(6)
銀座の超高級店“佐和”は大物政治家も来る店。そこに移籍した立花彩香は、そうそうたる客に囲まれる日々を送っていたが、意外な人物の出現が、彼女の出生の秘密を明らかにした。
女帝(7)
高級クラブ“佐和”のナンバーワンホステスとして人脈を広げる立花彩香の前に、母を捨てた父が現れた。父から聞く事の真相は、彩香にとって意外なものだった。
女帝(8)
銀座の老舗クラブ“佐和”を立て直した立花彩香は、夜の世界で“女帝”となる野望を胸に秘めている。そんな彼女の前に一人の男が現れ好意を寄せた。
女帝(9)
ホステスの敵はホステス。“佐和”のナンバーワンホステス立花彩香にとって、毎日が闘いだった。そんな彼女を慰めてくれるのは、いつも伊達直人なのだが、ある日彼との別れの日が来た。
女帝(10)
夜の世界で“女帝”を目指す立花彩香にとってナンバーワンホステスであることは、次のステージへのステップにすぎなかった。彼女がオーナーママになるための条件とは…!?