あらすじ

後援者、美濃村辰吉の紹介で、銀座のクラブ“アマン”に勤めた立花彩香は店に来る様々な客に磨かれ、ホステスとして着実に力をつけて行ったが、それだけライバルも多くなっていったのだった。