さよならバイバイ、大好きだったよ。
世紀末