爛熟果実【短編】
ひのもと平