好き、だから触れたい。
松本ノダ