ホラー雑誌「実際にあった怖い話」は、タイトルこそ「ほんとにあった怖い話」とよく似ていて見分けがついてなかったが、実は別々の出版社から発行されていている別雑誌だと最近知った。

元祖は「ほんとにあった怖い話」(朝日新聞社)で、「実際にあった怖い話」(大都社/少年画報社)の創刊は2007年。明らかにを狙った誌名だと思うが、元祖「ほんとにあった怖い話」は2010年に休刊してしまう。

その後まもなく、2011年に「HONKOWA(ホンコワ)」と名を変えて新創刊されることになるも、依然として名前が似ており、ごっちゃになって間違えやすい。加えて、「あな怖」(あなたが体験した怖い話/ぶんか社)などの亜種もある。また、「フォロワーさんの本当にあった怖い話」というマンガが話題になっていたが、こちらも他の出版社の作品。ちゃおホラーにも「本当にあった怖い話」というこれまた紛らわしい別冊雑誌があったが「ほん怖」シリーズとは別物である。これらの版元の違いだけでも知っておくと見分けやすいかもしれない。

前置きが長くなったが、「HONKOWA」や「実際にあった怖い話」といった雑誌は、今や電子書籍で読める時代になっており、手に取りやすくなっている。
最新号「2021年11月号」を初めて買って読んでみた感想としては、オカルト・ホラー・スピリチュアル要素がバランス良く揃った雑誌という感じ。
連載作は14本前後と、HONKOWAよりも多く、値段もコンビニコミック価格なのでお得感がある。

マンガファン的には、連載陣の中に、かつてIKKIで活躍していた漫画家・三友恒平先生を見つけられたのが嬉しかった。
他にも、つるんづマリー先生、柏屋コッコ先生など他のコンビニ系雑誌で見かける作家さんが揃ってる。作品だと「或る霊能者の奇妙な日常 余命宣告からの生還」は特に良かった。
しばらく定期購読してみてもいいかも。

以下連載作品リスト(2021/11)
【或る霊能者の奇妙な日常/原作 井口清満 漫画 万馬夕子】
【どすこいスピリチュアル/漫画・小林薫 原案・TANAKA
心霊浄化師 神楽京/原作・井口清満 漫画・水月まな
山口敏太郎の日本怪忌行/漫画・未浩 原作・山口敏太郎
【立原美幸の心霊エッセイ/金子裕】
【SNS-生霊-/漫画・空路 原作・橘 明来】
【つるんづ怪談/つるんづマリー】
【珠洲岬でアップデートしてみた/伊藤ロイ
【稲川怪談/藤咲もえ
【ちょっぴリチュアルDAYS/若尾はるか
【鳩屋ポッポのホラーな日常/柏屋コッコ】
【コミック版 怪談王 第2回「お遍路さんが泊まらないホテル」/漫画・三友恒平 原作・小笠原まさや】
【銀座スナックでの出来事/小立野みかん 原作・島村洋子】
前世療法の現場で見る怖い話 血椿の痣/漫画・油豆 証言者・桜ゆう

「ほん怖」と「実怖」にコメントする
『実際にあった怖い話』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ