🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

主人公のネルは武芸家の祖父のもとで日々鍛錬を続ける日々。ですがおじいちゃんは数年前から行方をくらまし今は退屈な日常を送っていました。そこを通りすがりのお姉さんあけびに誘われて武芸の道を突き進むことに。
とにかくアクションシーンがアニメーションみたいでめちゃくちゃカッコいい!ネルが絵本を手本に武芸を練習していたっていうのもあって、動きを棒人間のアニメーションみたいに分解して捉える演出があるのですが、これがすごく好みでした。

「武芸家」っていうのが正直まだ何なのかよくわかりませんが話としては鍛えておじいさんを探しに行く感じになるんでしょうか。毎回のアクションに期待したいです。

耳の先が欠けているというのは今のジャンプ漫画の基準で言えばかなり控えめな欠損表現だがきちんと痛みを感じる。
巷に溢れる誌面を彩る為の派手な装飾としての欠損ではない。
だから竜禅が自分の中にある殺意に躊躇し動けなくなるのがしっかり伝わるし、
反対に圓光寺が自ら耳を切り、舌先を割く異常さにゾッとする。
こういった表現が出来る人は中々いない。

耳の先が欠けているというのは今のジャンプ漫画の基準で言えばかなり控えめな欠損表現だがきちんと痛みを感じる。 巷に溢れる誌面を彩る為の派手な装飾としての欠損ではない。 だから竜禅が自分の中にある殺意に躊躇し動けなくなるのがしっかり伝わるし、 反対に圓光寺が自ら耳を切り、舌先を割く異常さにゾッとする。 こういった表現が出来る人は中々いない。

耳の先が欠けているというのは今のジャンプ漫画の基準で言えばかなり控えめな欠損表現だがきちんと痛みを感じる。 巷に溢れる誌面を彩る為の派手な装飾としての欠損ではない。 だから竜禅が自分の中にある殺意に躊躇し動けなくなるのがしっかり伝わるし、 反対に圓光寺が自ら耳を切り、舌先を割く異常さにゾッとする。 こういった表現が出来る人は中々いない。

@名無し

良い着眼点
100わかるしたい

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー