一番下のコメントへ

朝賀庵新連載スゲー面白かった。

勉強も運動も何でも人より出来てモテる幼馴染・秀司
秀司にコンプレックスを抱き続けてる・陽真
高校からずっと秀司の彼女で妻となった・麗香

の3人を巡る話。
前回の読切薔薇色の被写体がメチャクチャ面白かったから楽しみにしてたけど、それよりさらに人間関係が複雑になりそう。

「暗がりには犬の糞がある」という1話のタイトルが意味深 最後のシーンで路地裏に秀司転がってたけど……

「暗がりには犬の糞がある」という1話のタイトルが意味深 最後のシーンで路地裏に秀司転がってたけど……

@名無し

犬と屑というタイトル
犬は陽真だけど、屑は秀司と麗香のどっちなんだろうな

秀司が亡くなった事を馴染みの店のマスターや
主人公の両親迄もが知っている様子なのに主人公の陽真だけが知らないのは不自然だと思います。
そしてその事を麗香が陽真に話さないのも不自然だと思います。
所詮、漫画の登場人物には本当の意味での自分の意思は存在せずに作者達の奴隷でしかないのを
感じてしまいます。
こういうのを御都合主義って言うのですよね。
それを感じさせないのが名作なのだと思います。

秀司が亡くなった事を馴染みの店のマスターや 主人公の両親迄もが知っている様子なのに主人公の陽真だけが知らないのは不自然だと思います。 そしてその事を麗香が陽真に話さないのも不自然だと思います。 所詮、漫画の登場人物には本当の意味での自分の意思は存在せずに作者達の奴隷でしかないのを 感じてしまいます。 こういうのを御都合主義って言うのですよね。 それを感じさせないのが名作なのだと思います。

秀司が亡くなった事を馴染みの店のマスターや 主人公の両親迄もが知っている様子なのに主人公の陽真だけが知らないのは不自然だと思います。 そしてその事を麗香が陽真に話さないのも不自然だと思います。 所詮、漫画の登場人物には本当の意味での自分の意思は存在せずに作者達の奴隷でしかないのを 感じてしまいます。 こういうのを御都合主義って言うのですよね。 それを感じさせないのが名作なのだと思います。

@名無し

ちょっとご都合主義っぽい部分はありますね、、 やばい性格の人物を描く方が優先で不自然さが出てきちゃうのかもですね

この作品は完結巻が発売されてから全巻を
一気読みしたい作品です。
連載だと焦らされまくって死ぬ程イライラさせられます。
漫画の中の世界では主人公の陽真以外の登場人物の全員が秀司の死と死因を知っているようです。
そして現実世界では読者は秀司の死を知っていますが死因を知っているのは作者と編集スタッフ達だけです。
こんな当たり前の事を書きたくなる程、
イライラさせられています。
でもどうしても続きを読みたくなってしまう作品です。

7話ラストの麗香のセリフでお腹の子は陽真の子であり、今までの経緯と照らし合わせて陽真は記憶が欠落しているところまでは推測できていました。
ただまだまだ謎は多くあります。それがどう繋がっていくのか楽しみです。
短慮な方や物語の表面に囚われて考察できない方などには向いていない話ですが、大変面白い漫画だと思います。

主人公だけが秀司の死を知らないのは変だと思っていましたが、まさか知らないのでは無くて記憶喪失だったのですね。
これで漸く納得が行きました。

陽真が記憶喪失になったのは秀司の死と関係が
深そうですね。
秀司の死因に陽真が関わっているのは間違いが
無さそうです。
麗香を巡って陽真と秀司が言い争っている内に
何かの弾みで陽真が秀司を突き飛ばすか何かをして秀司が車に撥ねられたとかかな?

一番気になるのは陽真が記憶を取り戻した時にどう行動するかかかな。
秀司の後追いしそうな憔悴っぷりと記憶失くすくらいだから、かなり重い事実だろうし、そのまま黙って生活できるほど陽真は強くなさそうだから誰かに告白する展開とかありそう

1巻を読んで改めて空き巣が入ったのは陽真が一緒についてくるという想定外の事があったからだろう、証拠隠滅では無いけど秀司の遺影だったりとかを見せたくないってのもあったのかも。死んでる事を知ったら衝撃を受けるだろうしそこは思いやり
連絡が1ヶ月無かったのは身辺整理かな?携帯が本当に水没したかはともかく解約して番号やメールアドレス等を変更する必要があったんだろう。ミユとか面倒そうだし…。
最新話的には、このあと介抱を兼ねて鴨下さんの家に行く展開になった場合…秀司の死を知らない2人が出会うことが他の2人(麗香とミユ)にとって都合が悪いことになりそう

連載開始時に作者がtwitterで三角関係のドロドロの話だとか言っていました。
しかし三角関係は現在進行形では無くて過去進行形ですよね。
つまりこの物語の核心部分は過去にあって物語が進むに連れて陽真と修司と麗香の3人の間で起こった過去の物語が解き明かされて行くと言う少し変わった構成の作品だと思います。
或る意味ではヤングマガジンの作品の中では
雪女と蟹を食う」に感触が近い気がします。

陽真が記憶を取り戻すのがどういうタイミングなのかが気になるな。

真相によっては全部思い出したとしても忘れたままのフリしそうだし…。

陽真が記憶を取り戻すのがどういうタイミングなのかが気になるな。 真相によっては全部思い出したとしても忘れたままのフリしそうだし…。

陽真が記憶を取り戻すのがどういうタイミングなのかが気になるな。 真相によっては全部思い出したとしても忘れたままのフリしそうだし…。

@名無し

今週とかもホントは思い出してるんじゃないかみたいな感じするよね。
こいつが信頼できない語り手になってるおかげで面白い。

鴨下は秀司の幻覚とエア同棲してるとかだったら、作中一番の闇深いキャラになりそう…。
さすがに葬式シーンまで出しておいて実は生きてました展開はないと思いたい。

コメントする

このクチコミも読まれています

何回ループしても信長が本能寺で死ぬ件
user_private
名無し
約1時間前
まずタイトルで吹き出しちゃいました。 謀反されて死んだ信長が不思議な力で蘇って天下統一をやり直そうとするんだけど結局「本能寺の変」が起きちゃう設定。 初回のループではいきなり光秀を惨殺するパワープレイを見せるも運命は変わらず。 毎回どんな燃え方をするのか見届けたい!
鎧武者の正体予...
最新話(181話以降)の考察ポイント
user_private
サタノファ女塾
1日前
*176話~180話の考察は、 「最新話の考察ポイント」のクチコミをご覧下さい。 181話の考察ー 小夜子 VS 新藤 新藤の 毒の爪が刺さって、小夜子がやられた!? いえいえ、小夜子は友坂の部屋から 防弾服、防刃服 など探して着込んでいると思います。 小夜子は 天童組戦で腹に傷を負っているので、同じ 失敗を繰り返さないはずです。 やられたフリをして、小夜子の反撃です。 その反撃とは「黄金比」のような言葉のダメージです。 新藤のマーダーモデル=グレアム・ヤングは、ナチスの 信奉者でした。 ので、小夜子のマーダーモデル=ヨーゼフ・メンゲレに 対し、ナチスの高名な医師として敬意を抱いているはず なのです。 「ドクトル・メンゲレ」「解放して差し上げます」と いう新藤の言葉に、敬意の念が現れていると思います。 普通は、敵のマーダーモデルに対しては 呼び捨てなの です。 そこで ヤングは講釈が得意なので、尊敬するメンゲレ に対して 得意気に講釈を始めると思います。 しかし、講釈では 小夜子も負けていません。 「黄金比」など例えに出し、新藤に精神的ダメージを 与えます。 その時、新藤にスキが生じるのです。 最後の決め手となるのが、新藤自らの 毒血です。 その毒素は母乳より強力なので、毒に耐性のある新藤 といえども 危ないといえます。 スキを突いて 新藤に毒の血を刺す、という展開を予想 しますが どうでしょうか?
サタノファニ
また読みたい
フォロー