悪人が味わったのは極楽なのか地獄なのか…

一番下のコメントへ

江戸の悪名高い女郎屋が、極悪人を懲らしめるピカレスクピカレスクロマン。作画は「竜侍」「幕末イグニッション幕末イグニッション」の忠見周忠見周先生ということで、江戸風俗の描写もめちゃくちゃ上手いです。
女主人の”お仕置き”の仕方が作品の肝だと思うので詳細は書きませんが…悪人は最後に少しイイ思いをしすぎている気がしましたね。もっと非道い苦しみを与えても良かったのではないでしょうか。引っかかった点はそこだけです。
最近はお江戸モノを見ないので漫画ゴラク漫画ゴラクで連載化してくれたら嬉しいです。

江戸の悪名高い女郎屋が、極悪人を懲らしめるピカレスクロマン。作画は「竜侍」「幕末イグニッション」の忠見周先生ということで、江戸風俗の描写もめちゃくちゃ上手いです。 女主人の”お仕置き”の仕方が作品の肝だと思うので詳細は書きませんが…悪人は最後に少しイイ思いをしすぎている気がしましたね。もっと非道い苦しみを与えても良かったのではないでしょうか。引っかかった点はそこだけです。 最近はお江戸モノを見ないので漫画ゴラクで連載化してくれたら嬉しいです。

江戸の悪名高い女郎屋が、極悪人を懲らしめるピカレスクロマン。作画は「竜侍」「幕末イグニッション」の忠見周先生ということで、江戸風俗の描写もめちゃくちゃ上手いです。 女主人の”お仕置き”の仕方が作品の肝だと思うので詳細は書きませんが…悪人は最後に少しイイ思いをしすぎている気がしましたね。もっと非道い苦しみを与えても良かったのではないでしょうか。引っかかった点はそこだけです。 最近はお江戸モノを見ないので漫画ゴラクで連載化してくれたら嬉しいです。

@名無し

今週の漫画ゴラクゴラクに第二話載ってたので連載になったみたいですね。
一話に続いて、極悪非道なヒトデナシが登場してました。
早く成敗されるところが見たいっ笑

最後の悪精の威力凄まじかった。今までツノに溜め込んだ力を全部出したのだろうか。結局、忘九の正体はわからないまま終わったけど気持ちのいい終わり方だったと思う。

単行本は10月発売予定とのこと。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー