いや〜王道のボーイ・ミーツ・ボーイに加えて目新しさもあってめっちゃ面白かった…!!自らブランドを立ち上げる「起業」にフォーカスした物語は、海月姫ぶりに読んだ。

しかもこちらは主人公が高校生ということで、大人にはない苦労もしつつ、学校以外に活躍の場所を広げていく姿が目に浮かぶ…すでに1話からワクワクが止まらない…!!

迅はただ単位が足りなかったんじゃなくて、休学したというのが気になる。いまから2話が楽しみ!!

【公式サイト】

「身体は女性、頭の中は男性」の高校生・凌。性の不一致にも、それを受け入れられない 自分にも苦しむ彼の人生は、服を愛するゴーイングマイウェイ男・迅との出逢いで大きく動き出す。 “当たり前”も“不自由”も己の服でブッ壊せ! 凸凹バディのファッション青春譚!!


読切のときは花沢健吾とか真鍋昌平っぽい生々しいザラザラした絵の雰囲気だったのが、連載では小山宙哉っぽいかなり爽やかなスッキリした絵柄になったんだな

宇宙兄弟感あってスゲー読みやすいわ

読切のときは花沢健吾とか真鍋昌平っぽい生々しいザラザラした絵の雰囲気だったのが、連載では小山宙...

カメラ壊されるって嫌がらせはマンガ的にはよくあることだけど
どんな感じで超えてくれんのか次の展開への期待大だわ

いいお父さんでよかった;;けどカメラ壊した方になんの処罰もないのムカつく。

全体的にこの学校教師も生徒も不愉快なやつらばっかりで早く主人公たちに報われてほしい

主役2人のキャラがすごくいい
今時だし爽やかさもあるし応援してる
次回からまたブランドの話みたいだし面白さが増すといいな

やりたいことあるしエネルギーもあり余ってるけどやっぱり学生って無力だなーって思った経験あるよね。丁寧な心理描写が多くて好感が持てる。でもヤンマガって他の作品も面白いから生き残れるか正直心配かも。

ここでYouTuberのチャンネルに出演したら身の丈に合わない大きな反響が来て問題が起こりそうで不安だ

体は女だけど心は男ってどういうことなんだ?って思ってたけど、今回の凌のリアクションで一気に理解できた。いいシーンだった。

島田くんへのカミングアウトは上手くいったようだ。自分の居場所は自分でつくる。人を変えるなら自分が変わらなければいけない。主人公の行動に心打たれたよ。

久々読んだけど大物YouTuberが高校生の性自認をアウティングとか外道過ぎて引いたわ…どう収集つけるんだろう

翼さんも根っから悪い人じゃないしキャラが好きなので、騒動になっちゃったけど定期的に登場してもらいたいなー。

凌は千花ちゃんに何を言われても傷ついたんじゃないかな?ようやく覚悟が決まった顔してたね。

正直、時代錯誤に感じたり馬鹿げすぎてると感じる描写もあるんだけど、それでも要所要所で「服には力がある」ことをバッチリ主張しててやっぱいいなと思う。

この読者プレゼントすごくいいなー!

トランスジェンダーの女性というよりかは「クエスチョニング」だったってことかな。男でもあり女でもある。

この漫画は服がテーマだけど、服装は性自認・性指向に関係ないってのは面白いなと思う(あさなさくまの連載で知った)
https://comic.pixiv.net/viewer/stories/48749

店長普通に正論だった
あんな無礼なことした高校生に適当なこと言わないで真面目に現実見せてくれるの優しい

新たな業界の大人が登場。このおっちゃんは経験者として正論以外のことを言ってくれそうな気がする

来週からコミックDAYSに移籍か〜
盛り上がってきてるし移籍しても読み続けるわ

アメリカで人気らしい!!

アオバノバスケ

アオバノバスケ

身長195cmの中学生・青葉太樹は、恵まれた体格のせいで、一緒に遊ぶと怪我をすると「異物」扱いされてきた。そんな「自分」を見失っていた時、バスケU16日本代表・明星レオに出会う。1on1で一瞬の動作を見抜く太樹に、本当の武器は身長ではなく「目」だと、その才能を言い切った。身長で判断しないレオとの交流の中でバスケの自由さに惹かれていった太樹は、レオを超えるという夢を胸に、都内バスケ強豪校・青蕾高校へ進学する! 『ボーイズ・ラン・ザ・ライオット』が2021年米国ハーヴェイ賞「Best Manga」部門にノミネートされ世界で話題となった新鋭・学慶人による超本格高校バスケ漫画!

ぼーいずらんざらいおっと
ボーイズ・ラン・ザ・ライオット 1巻
ボーイズ・ラン・ザ・ライオット(2)
ボーイズ・ラン・ザ・ライオット(3)
ボーイズ・ラン・ザ・ライオット(4)
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
"少年"たちのアパレル物語…!!にコメントする