遺失物係に届いたものは…

一番下のコメントへ

年間400万件の遺失物を扱う警視庁の遺失物係に勤める主人公の元に、ある日変わった落とし物が届けられる。偶然、持ち主につながる情報が見つかったものの、落とし主は期日までに現れなかった。「それ」は通常通り処分されそうになるが、主人公はそれを自宅に持ち帰えり、妻とともに落とし主を探すことにする。

1ページ目を見たとき、「それ」が何なのか見ただけでは何なのか検討もつかなかったので、頭の中にある知識と繋がったときは本当に驚いた(「それ」を落とし物する、という設定がすごいと思う)。

その落とし物から様々な人が互いを思い合う姿が見えてきて、愛情深さにジーンときた。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み