一番下のコメントへ
1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>

黒木先生は間近で自分に仕事を見せてあげて、佐倉先生を育てようという気がちゃんとあるのがいいなと思う。

にしても黒親御さんの一歩先を読む力エスパーかよ…!

そして佐倉先生はやっぱ生徒の気持ちに気づく能力が高いよね、いい先生だ。

りいさママ怖すぎて怖い無理。この母娘をどんな風にフォローするのか検討もつかない…

元トップの島津くんの用紙には第一志望が2つ書かれてて、3つ目が隠れて見えない…。これってもしかして花恋ちゃんがやろうとしてる三校合格…?

受験を馬鹿にする大人がいて、その悪意を小6の女の子たちが受け流してる姿はほんと胸に来る…

花恋ママが嫌味に気づかないの、娘としては嬉しいよね…!本気で休日の勉強漬けを普通のお稽古と同じだと思ってるってくれてことだし。
花恋ママ、かっけぇ…!

だああああああああ:anger::anger::anger::anger:島津父マジでなんなの!????:rage::rage::rage:
漫画だとわかっててもクッソ腹立つわぁ…あんなのただのキ/チガイじゃん。

ここまで家庭が機能不全に陥ってたら第三者がいないと絶対正常には戻れない。はやく黒木先生になんとかしてほしい

島津父ホント無理…吐き気を催す邪悪じゃん気持ちわる…

こっからいい方向に転じる未来が全く見えない

島津家の奥さんの目が覚めたみたいでホッとした。
シンママでどうやって私立受験を叶えるのか予想つかない…楽しみ

読んでるうちに、ちゃんと生徒ひとりひとりの顔を覚えて、みんなの成績が気になるほどになってしまった。 将来、子役いっぱい使った連ドラになりそう。

読んでるうちに、ちゃんと生徒ひとりひとりの顔を覚えて、みんなの成績が気になるほどになってしまった。 将来、子役いっぱい使った連ドラになりそう。

@名無し

ついに今夏ドラマオンエア:tada::tada:
黒木先生が柳楽優弥なうえに、新人の佐倉先生役にぽっと出の若手女優じゃなくて井上真央を当ててくるあたり本気を感じる

日本テレビ2021年10月期土曜ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』公式サイト。「高瀬志帆」原作の中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが待望のドラマ化!激変する受験界に舞い降りた、最強で最悪のスーパー塾講師・黒木蔵人(くろきくろうど)を「柳楽優弥」が演じます!

ようやく黒木先生の過去回突入
いつも家庭訪問してるあの子と何があったのか…頭痛とミサンガの理由もわかるのかな

本番直前の親のメンタルをなんとかするため「女優を演じろ」って言うのはなかなかいいな。

「子供のマネージャー」とか「親戚の子供」くらいの距離感を意識すれば確かに必要以上に熱くなることは避けられそう。

子どもたち塾でこんだけ勉強してるのに、この期に及んで家庭教師つけるとか正気失ってるよね…。勉強すればするだけ効果が出るってもんでもないのにな。

外から見れば簡単にわかることも、親という当事者となればわからなくなってしまうんだな…。

お賽銭生徒の数だけ5円玉って愛だな

なるほど。基礎を固めてきたおかげでもう少しで80%とこまで来たから、こっからは以前に諦めた後半の問題を対策していくのか。スケジューリング完璧かよ…!

みんな頑張っててウルッときたわ。これ上杉弟はここで調子乗って気を緩めちゃうパターンかな?

そしてまるみの伸びがすごい…! 先生たちは早く褒めて立ち直らせてあげて

まるみ編ずっとおもしれぇ…!
不登校になったあとの両親の対応かなりまずかったね。無理やり学校にさえ連れて行かなければクラスに戻れて内申付いたかもしれないのに…。

理衣紗の親やばやつで草。娘の100倍くらい厄介じゃねーかこわ…

理衣紗の親やばやつで草。娘の100倍くらい厄介じゃねーかこわ…

@名無し

うわー、理衣紗母娘と同じマンションに厄介なやつが住んでたのか

「自分に張り合うならともかく娘に直接言うなんて」って憤るのは親として間違ってないけど、自分が味わわされた屈辱を娘に晴らさせようとしてるように見えないな…

本当に子供も、家族も一つとして同じケースはないんだなって改めて思わされたなー

トラブルだらけの他のお家と比べると加藤家の雰囲気すごく良くてホッとする🥺
特にお母さんが結局迷うのに疲れて自然に「自分にできることをやるだけ」って、黒木先生の指示通り見守りの体制に移行してるのがいいね

そういえば黒木先生がいつも触ってるミサンガのエピソードってもう出てきたんだっけ? 大勢の前で話すときいつもあの癖やってるよね

そういえば黒木先生がいつも触ってるミサンガのエピソードってもう出てきたんだっけ? 大勢の前で話すときいつもあの癖やってるよね

@名無し

100話でついに黒木先生のミサンガの秘密が少しだけわかったね
学生時代の友達との大事な約束が込められてるのか…

ここまで来てもまだ全部明らかにならないのほんと気になるww

学習塾の会社で仕事をしていた時、受験当日の応援で子どもたちが学校の門をくぐるのを見届けたことがあります。
校舎勤務ではなかったので、受験生の姿を見るのはその日がほぼ初めてだったのですが、事前レクの際に講師やスタッフ勤務の同僚から応援の際にやるべきこと・やってはいけないことを本当に事細かく、そして熱く伝えてもらったのをよく覚えてます。
本当に漫画で描かれてるような緊張感とエネルギーが満ちた、ゾクゾクするような空間だったなぁと最近の展開を見て思い出しました(びっくりするくらい寒いのも本当…)。

1/4ページ
<<
<
1/4ページ
>
>>
コメントする

前のクチコミ

元塾講師が読んでも唸る実録受験マンガ
六文銭
六文銭
11日前
小生、学生時代に塾講師をしており、そこは本作と同様「中学受験」を中心にした塾でした。 そんな自分がこれを読んで思ったのは、 中学受験、マジでこんな感じです (太字で、最大フォント数にしたい) ということ。 もちろん、マンガなので多少の脚色はあるのですが、ますます加熱している中学受験業界なので、これくらい盛ってもほとんど一致していると言っていいのではないでしょうか? 「中学受験は親の狂気」 と本作で表現してますが、本当にそうなんです。 年端もいかない子供が、自ら勉強なんてやりますか? 絶対やらないですよ。 親が、それこそヒステリックに子供にやらせるんです。 親が全く関与しないパターンもありますが、 自分が見てきたなかで、その場合の生徒の特質は大きく2つ。 超天才か超バカ。(言葉汚くてすいません) 超天才は、勉強自体が好き過ぎて、ほっといてもずっとやるから、親も何も言わないんです。体調の心配くらいしかしない。 逆に、超バカは、塾を時間つぶしか遊び場にしているだけなので、親も勉強が目的ではないから放置なんです。 ただ、これは上位と下位の5%くらい。 残り90%の生徒(ってかほぼ全て)は親の干渉が、ものすっっっっっっっっっごいのです。 というか、親の受験といっていいくらい中学受験は親が主体なんです。 親が子供を徹底的に管理し導いていかないと、12歳くらいの子供は何も判断できないんですよ。 塾の費用も半端ないから(年間100万以上?)、親も気狂ったように子供と塾に圧をかけてくるのです。 それを称して、親の狂気 とはよく言ったものです。 今思うと、ホントにそうでした。 うなりました。 さらに、この作品がすごいのは、親と生徒のパターンが全網羅されていること。 自分も読んでて、つい昔の生徒思い出しましたもの。 このキャラは彼に似ているな、とか、フラッシュバックしましたよ。 ・教育に熱心な親/無関心な親 ・塾に従う親子/従わない親子 ・偏差値や学校のブランドしか興味ない親子 ・なにかのきっかけで成績が伸びる子・落ちる子 ・天才肌の子/努力家の子 ・兄弟で優秀な子と劣等生という差がある子 ・答えをみてズルする子 ・他人の脚を引っ張る子 ・周囲のせいにする子 などなど。 抱えている問題も性格も色々と異なる生徒に塾講師として相対する姿は、純粋に面白いです。 手を変え品を変え相手を説き伏せたり対策していく感じは「こういうやり方で対応するのね」と感服します。 また、主人公黒木は「塾は営利目的」「子供の将来を売る場所」と言いきっていますが、「教育」の名のもとに変に高尚化していないのも良いです。 なんとも、裏表ない感じが好感もてますし、悪態ついてますが、なんだかんだで生徒をよく見ているんですよね。ツンデレですよ。 それにしても、 島津くんは親父に負けず頑張ってほしい! がんばり屋の加藤匠くんと柴田まるみちゃんは、第1志望受かってほしい! カイくんは弟に負けずというか、弟と一緒に頑張ってほしい! と思わず、読んでいて自分も力が入ってしまいました。 生徒の頑張る姿は、いいものです。 受験とはドラマですね。 まだまだ受験は先ですが、これから本番まで生徒たちがどう成長しどんな結果になるのか楽しみです。
二月の勝者 ―絶対合格の教室―

このクチコミも読まれています

12/24(金)まで
読める!
また読みたい
フォロー