キュンとユカイに学べる蟹工船 ビーム新連載

小松菜290円

ビーム新連載の唐沢なをきの漫画。原作は小林多喜二の『蟹工船
初見の感想は「すごいことするなぁ」っていうくらい『蟹工船』の重たい雰囲気が消し飛んでいる。
臭いや吐瀉物などは全て花(たぶん薔薇)で表現し、船員はイケメンだらけでミュージカル調でお出迎えする。
ただ、時化のときはそういった浮かれた調子は消えて、命がかかっている激しさを見せていたので、コミカルに脚色しながらも締めるところは締めるのかなという印象。

小松菜290円

蟹漁がはじまった。過酷そうなシーンでも辛そうに感じない。絵の力ってすごい。

図解がわかりやすい

「本作品は今日の観点から見ると差別的表現ととられかねない言語がございますが原文に基づいて使用しております」とかいちいち書かなくてはいけないのか

内容は蟹工船だけど薔薇が多すぎ

コメントする
投稿者名
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う
Icon book
1巻を試し読み
Icon store
ストアで買う