自分はこんな複雑な青春を過ごしてはいないが、それでも「この登場人物はあの先輩に似てるな」とか、「こういうやついたよな」とか、思い当たる節はある。
狭くて動かし難い人間関係と、自分の何でもなさに息が詰まる感じがめちゃくちゃリアルで、読んでて辛い。
後半はかなり抽象的な会話が続くし、絶妙に核心には触れない感じがモヤモヤするのだけど、作者が大島弓子岡崎京子の系譜に置かれる理由が分かる名作。

悲痛な青春が好きな人に。にコメントする
user_private
『ヤサシイワタシ』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ