守れないルール

守れないルール

人気インテリアデザイナーのメローを今悩ませているのは、高名な建築家アレックス・フィッツジェラルド。彼の強引なビジネス戦略に振り回されているが、問題はそこではない。数か月前、まるで運命だと錯覚してしまいそうなほど熱く燃えた一夜かぎりの相手…その彼と再会し、9か月もの間一緒に仕事をしなければならないのだ。けじめはつけたいけれどアレックスの魅力を改めて知るたびに心が揺れる。メローには、男性と深くかかわらないと決めた理由があるというのに。
悲しみのウエディング

悲しみのウエディング

妹の結婚式の翌朝、ホテルのベッドで目を覚ましたジャスミンは驚愕した。彼女の隣には、妹の夫の義兄で実業家のプレイボーイ、コナーがいたのだ――動揺するジャスミンだったが、酔った自分を介抱してくれただけで、コナーとは何もなかったことを知る。しかし安堵したのも束の間、部屋を出た彼女はコナーを狙うパパラッチの餌食に…!! キリスト教立会主教の厳格なジャスミンの父は、この忌まわしい事態を収拾するために、ジャスミンとコナーに結婚を命じて――!?
危険なハネムーン

危険なハネムーン

書店を経営するダニーは地味で奥手な女性。そんな彼女が初めての海外旅行に向かう途中、機内で同じくメキシコで休暇を過ごすハンサムなエリックと出会う。運命的な出会いにダニーは恋に落ち、これまで守ってきた純潔を彼に捧げたい、行きずりの恋でも構わないと感じていたら――「今夜君を僕のものにしたい。明日結婚しないか?」出会って数日なのにエリックからプロポーズされてしまった! 驚きつつも彼の真摯な瞳に心を撃ち抜かれ一夜をともにするが…!?
完璧な結婚

完璧な結婚

裕福でハンサムな夫リードと結婚して7年。かわいい子供たちにも恵まれ、幸せな結婚生活を送っていたジーナだが、いつの頃からか夫が秘書と浮気をしているのでは…という不安にさいなまれていた。そんな矢先、夫から信じられない言葉を突きつけられる。秘書とふたりきりで出張に行くですって!? しかも同じスイートルームに泊まるなんて──。本当にあなたの心は私から離れてしまったの? リードの心を取り戻したいジーナは、自分でも驚くほど大胆な行動に出て……!?
断崖

断崖

弁護士事務所の秘書として働く18歳のジュリーは、単調な毎日に飽き飽きしていた。そんな時、新聞の求人欄が目にとまった。「引退した富豪、優秀な秘書求む」カリブの海と贅沢な毎日が私を待っている! 彼女の心は踊り、応募をすませ面接当日…。彼女を出迎えたのは、思っていたような老紳士ではなく、触れたら火傷してしまいそうな男性――ライスだった。秘書に受かるも仕事場は夢見たカリブ海ではなく、片田舎のさびれた屋敷で堅物な雇い主と過ごすことに!?
花嫁の持参金

花嫁の持参金

「これが結婚の最後の儀式だ。服を脱ぐがいい」猛々しい騎士アレクサンダーの抗う隙も与えぬ命令に、修道院を出たばかりの領主の娘リリスは無垢な体を震わせた。故郷に帰る途中で隣の領地からの襲撃に遭ったリリス。その領主であるアレクサンダーに戦争を避けるためと脅され、民を思って囚われの花嫁になったのだが…。悲しみに暮れる彼女はまだ知らない。やがて愚かにも非情な騎士を愛してしまい、さらに大きな悲しみの剣で心を貫かれてしまうことになるなど――!!
忘れえぬ香り

忘れえぬ香り

「君が代わりのドクターだって? そんなはずはない。代診医の名はドクター・ヘンリーだ」突然の不躾な言葉に、ヘンリエッタは言葉を失った。言葉の主は、今日から働きはじめた診療所で、ただひとりの同僚マシュー。なんとか誤解を解いたヘンリエッタだが、今度は香水をつけていたことを非難されてしまう。少しの香水ぐらいいいじゃない…なんて傲慢で鼻持ちならない男なの。彼が香水に難癖をつけたのには訳があったのだが、その時のヘンリエッタには知る由もなく…。
失われた愛のすべてを

失われた愛のすべてを

新しいチームに配属された麻酔医のケイトは不満だった。アメリカから来たばかりの新任外科医アンガスの下になるなんて。しかし、彼に笑顔を向けられてからケイトの心は落ち着かない。しかも会ったばかりの彼に、早く自分の子どもを持ちたいという幼い頃からの夢まで語ってしまった。だが、4歳の息子を持つシングルファザーのアンガスのまなざしは、我が子を見る時いつも暗い影がさす。同僚に踏み込みすぎてはいけないのに、彼のことが気がかりでならなくなって…。
スキャンダラスな夜

スキャンダラスな夜

高校教師ハリエットの家のパーティーに招待されたのはベストセラー作家ブラッド・バリントン。華やかな都会を捨て、なぜこんな小さな街に!?  彼女が書く小説にアドバイスしてくれることになるが、婚約者を妹に奪われた過去まで話してしまう。すると彼は「君はまだ過去を乗り越えていない。変わるべきだ」と言い、そのためには後生大事に守りつづけてきたバージンを、もっといい男性に捧げてしまうべきだと言いだす。しかも、その恋人探しを手伝うですって!?
家庭教師の恋わずらい

家庭教師の恋わずらい

仕事を紹介されオーストリアの雪山に立つ美しい城を訪れたヴィクトリアは、ここなら不誠実な男性に傷つけられた心を癒せると期待する。しかし彼女を出迎えたのはハンサムだけど冷たくぶっきらぼうな男爵ホルストとひとり娘ソフィ。ヴィクトリアの仕事は住み込みの家庭教師だが、ソフィの不安定さが気になり男爵夫人について男爵に訪ねると…「ソフィの母親のことは話題にするな」と言われる。だが娘を思いやる横顔はやさしく――だめよ、彼にはきっとふさわしい奥様がいるのよ…。
白雪姫の嘘

白雪姫の嘘

雇い主が留守の間、犬を預かることになったエマは生まれて初めて血が沸きたつような衝撃を覚える男性に出会った。なんて素敵な人なの!?  雇い主の隣人である彼、ケイン・タルボットは資産家で、その土地の人間は誰もが尊敬している男性。けれど彼には婚約者がいるという。これ以上心に彼が入りこまないうちに距離を取らなくては。ところがケインは何かとエマの面倒をみてくれ、エマの恋心は募るばかり。エマにとって絶対に愛してはならない因縁の相手だとは知らずに。
シンデレラ・ウェイトレス

シンデレラ・ウェイトレス

父を知らず母に捨てられ、施設で育ったミカはひとりで運命を切り開いていこうと決めていた。大事なものは自由。男性にも私自身を捧げたりはしない。しかし、アマルフィで命を助けてくれたラウルは紳士的で信じることができた。お礼にとバイト先を紹介し、始まった共同生活…。ラウルも同じくミカに魅力を感じていたが、軽はずみなことはできないと自制していた。彼の正体は地中海の王国の皇太子。来月には戴冠式のために帰国し、政略結婚をしなければいけない身だった。
真実は残酷に

真実は残酷に

父が勤める会社の創業者一族の御曹子チェーザレに、メガンは幼い頃からずっと憧れていた。もう私は21歳なのよ。新年パーティーで想いを伝えると、優しくはあるが断固として拒まれてしまう。彼にとって私は、永久に妹のようなものなんだわ。メガンは恋心を絶つ決心をする。しかし、大学を卒業してロンドンに帰ってきた彼女に、チェーザレは大人になるまで待っていたと言って結婚を申し込んできた。妻になんてなれない――あなたを忘れるために私は…!
家政婦はシンデレラ

家政婦はシンデレラ

家政婦のロージーに亡き雇い主から、島の半分の所有権というとんでもない遺産が舞いこんだ。もう半分を相続したのは、雇い主の甥で世界的なホテル王シャヴィエル。彼には2年以内に跡継ぎをもうけなければ相続権を剥奪するという条件も課されており、ロージーに相続権を放棄しろと告げてきた。施設育ちの私を娘のように愛してくれた雇い主のためにもこの島を守らなければ。対立する彼女に、シャヴィエルは、「女を孕ませることなど造作もない」と熱いキスをして…!?
美しき義賊

美しき義賊

17世紀半ばイギリスの街道に辻強盗が出没し、王の頭を悩ませていた。片田舎で暮らすセーラは、王の無茶な徴税のせいで貧困にあえぐ村に心を砕き助けていた。私が罪を犯すのにも限界があるわ。そう、辻強盗はセーラだったのだ!! ある日、崖で落ちそうなところを端麗な男性に助けられる。叔父の知りあいの彼は、なんと国王の側近ラトリッジ卿だった。彼は、辻強盗を探しに来たのかもしれないと疑った彼女は距離を置くも「宮廷の礼儀を教えよう」と突然キスをされて!?
愛にとらわれて

愛にとらわれて

会社を経営するセイラの前にフランシスコと名乗るスペイン人が突然訪ねてきた。黒い瞳に鋭い眼差し、魅力あふれる男性。彼は横柄な口調で彼女の父親の居場所を教えるように迫ってきた。なんと父が、彼の18歳の妹を誘惑してつれ去ったというのだ。きっと何かの間違いよ。とっさに嘘をついてその場を逃れ、唯一心当たりのあるアンダルシアへと飛んだ。ところが、セイラを見張るためにひそかにあとをつけてきたフランシスコの罠にかかり、彼の城にとらわれてしまう――。
誘惑の夜は明けて

誘惑の夜は明けて

ホテルのベッドで目覚めたトーニの隣には、名字も知らない男が寝ている。ある目的のために、バージンを捧げてしまったが、思いもよらずすばらしい夜だった――けれど二度と会うことない。トーニは静かに部屋を出た。――昨夜の余韻に浸りつつ、腕を伸ばしたブランドははっとした。トーニはどこにもいなかった。急いで財布を確認したが、お金も取られていない。となると、彼女の目的はいったい何だ…? ブランドは急いで部屋を出ると、彼女の追跡調査を始めた。
スペインから来た悪魔

スペインから来た悪魔

名家の養女エリンは兄を守るため、タブロイド紙を賑わすパーティーガールを演じていた。けれど心ない言葉とつらい現実に疲れ、初めて出会った魅惑的な男性コルテスに純潔を捧げてしまう。そして1年後。子供を産んだエリンは、亡き義父の遺言に耳を疑った。1年以内に結婚し、子供に父親を与えられなければ遺産は別の相続人のものになるという。新しい相続人として現れたのは…コルテス!? あの日、私を乱れたベッドに捨ておいて消えたあなたがなぜここにいるの…!?
略奪王と黒衣の花嫁

略奪王と黒衣の花嫁

ギズラン王女は隣国のシーク、ラシードに突然囚われてしまう。王宮を占拠したラシードは、王女を花嫁に迎えると宣言。粗野で優雅な美しき野獣と称されるラシードは強引に彼女の唇を奪う。怒りに燃えるギズランだったが、一方では激しい喜びが彼女の体を駆け抜けていた。婚礼の式典では黒衣をまとって反発するギズランだったが、ラシードはそんなことなどまったく意に介さないようだった。そして初夜のしとねはギズランの怒りとは裏腹に、あまりにも甘く熱く…。
誘惑つきの契約

誘惑つきの契約

ミアはクルーザーから降りてきた大富豪ベネディクト・デル・カスティーリョを見たとたん心臓が止まりそうになった。かつて名も知らぬまま愛しあった男性! 経営不振にあえぐホテルに、1か月貸し切りたいという夢のような契約が舞いこみ喜んでいたけれど…まさかあなただったなんて。ミアが自分の子を産んだとは知るよしもないベネディクトは彼女に気づくと「君は今も僕の要求に応えてくれるのか?」と誘惑してきた。さらに要求をのむなら支払いを上乗せすると告げ!?
金の砂漠と白い雪

金の砂漠と白い雪

「私と結婚してください」オストリッヒ王国のプリンセス・カタリーナは、“ハジャールの野獣”と呼ばれる同盟国の王ザーヒルに懇願した。だが、鷹のように冷たく鋭い瞳と傷だらけの身体に圧倒されて彼女は言葉を失った。いいえ、私にはこの結婚を成功させる使命がある! カタリーナは、彼に形式的な結婚だと説明して承諾を得るも、驚くことに彼は――「本物の結婚に見せる必要がある」というのだ。書類を交わして帰国するつもりが、ザーヒルの宮殿に住むこと…!?
ギリシア富豪の花嫁の掟

ギリシア富豪の花嫁の掟

ギリシア富豪アントニオスと恋に落ちたこと、それがリンジーの悲劇の始まりだった。彼の祖国で妻に迎えられると、待っていたのはニューヨーク生まれで庶民のリンジーを蔑む義弟妹たち。頼みの夫は家庭を顧みない仕事人間だとわかり、リンジーは孤独に耐えられず故郷に逃げ戻った。お願いアントニオス、この結婚は間違いだったとわかって…。悲劇の終幕を願うリンジーの前に、半年の沈黙を経て薄情な夫は現れた。離婚を受け入れる代わりの、苦しい条件を用意して――。
誘惑はプロポーズのあとに

誘惑はプロポーズのあとに

救急外来で働くマギーは愛する人の子を産み、幸せな家庭を築くのが夢だった。恋人も同じ想いだと信じていたのに結婚式前日、彼女の夢をあざ笑うかのような裏切りを知ってしまう。絶望したマギーは婚約破棄を叫び、逃げ出した。親友だと思っていた外科医のジェイクが恋人の裏切りを知りながら黙っていたこともショックだった。追いかけてきたジェイクと、やけになったマギーは一夜を過ごしてしまう。彼が独身主義とわかっていたからずっと想いを秘めていたのに…。
愛と裏切りの婚約指輪

愛と裏切りの婚約指輪

広告業界で働くケンダルは1か月半前、友人の結婚式で出逢ったハンサムな実業家ソーヤーの虜になり、気がつくと甘く熱い夜をともにしていた。その後、彼からの連絡は一切なく、あれは一夜限りのできごとだったと自分に言い聞かせた。愛に恵まれず亡くなった母と同じ轍は踏まないと誓ったはずが、同じ道を進む自分の弱さを恥じた彼女は、彼への思いを断ち切るために左手の薬指に母の形見の指輪をはめた。まさにその日、彼は職場に現れ「君はいつ婚約したんだ?」と問いつめられて…!?