ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~

ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~

かつての勇者達による大魔王討伐から十数年後……人々は魔族によるわずかな襲撃を受けながらも平和に暮らしていた。魔族からの被害を最小限に防ぐため、魔法大国スフォルツェンドでは魔法兵団としての力を若者から募るべく、魔法学校を創設していた。その魔法学校で、二人の少年が入学試験を受けることになる。一人は大魔法使いとなるために小さな村からやってきた者。もう一人は、バイオリンを持つ魔曲使い───。
PHANTOM DEAD OR ALIVE

PHANTOM DEAD OR ALIVE

中学生のたかしは、父の仕事の転勤で海外へ渡航する途中で旅客機が墜落。海の上で漂流するうちに戦闘機乗りのファントムに助けられる。そして、彼の住む国は、戦争中、戦闘機が飛び交い、機銃を射ち合う、空戦の国だった。
ラッキーナイトカスタードくん

ラッキーナイトカスタードくん

代々デザート王家に仕える一族プリン家の末裔カスタード・プリン。王女チョコ・パ姫の従者となるが、チョコ・パ姫は極悪王女。ものすごく運が悪く、主人公であるのに最も酷い待遇を受けている。姫からは剣を破壊された上に自爆装置付の短剣を渡されたり、父親の墓石を爆破されたり、クワガタ虫だらけの樽に入れられたり、ワニに食われそうになったりして手術を受ける羽目になる、などといったイビリを受けているにもかかわらず、その忠誠心は本物であり、戦い続ける。
続 ハーメルンのバイオリン弾き

続 ハーメルンのバイオリン弾き

アニメや映画、ゲーム化された「ハーメルンのバイオリン弾き」の続編!後に描かれた「シェルクンチク」までの歴史を繋ぐ作品!第五の魔界軍王、闇王バラライカの創り出す悪夢の世界、王女フィドル、産まれた赤子に突き刺さる無数の槍、無情な展開に跪き縋る大魔王ハーメル、それを支え見守るのは、フルートに扮した困惑のクラーリィ、ハーメルの伝えきれなかった心の底の闇が今語られる・・その世界を演出し怪しく微笑む闇王の娘フリーズ、コンアモーレ攻防戦、いよいよフィナーレです。そして、あの男が・・! ?
ハーメルンのバイオリン弾き

ハーメルンのバイオリン弾き

魔族がはびこり人々が苦しむ世界に、巨大バイオリンを抱え颯爽と現れた勇者ハーメル。ところが凛々しい面立ちとは裏腹に、金にがめつい悪徳勇者だった。北の都を目指す旅の途中で出会う仲間たちと大魔王ケストラーに挑む戦い。ハーメルは運命を変えられるか!?