投稿
コメント
わかる
先日『出没!ビール女子』というビール×料理漫画を読みました。 ある土地の料理に、その土地で造られたビールって、やっぱり鉄板なんですよねー。 私も色々試したことがありますが、例えばもらったオリオンビールを家で普通の家庭料理にあわせてみましたが、沖縄料理屋で飲んだ旨さは感じられませんでした。 料理とビールの合わせ方を考えながらお店を選びたくなる、いい漫画でしたよ!

先日『出没!ビール女子』というビール×料理漫画を読みました。 ある土地の料理に、その土地で造られたビールって、やっぱり鉄板なんですよねー。 私も色々試したことがありますが、例えばもらったオリオンビールを家で普通の家庭料理にあわせてみましたが、沖縄料理屋で飲んだ旨さは感じられませんでした。 料理とビールの合わせ方を考えながらお店を選びたくなる、いい漫画でしたよ!

@あうしぃ@カワイイマンガ

読みました!読んで即ビール飲みたくなりました…!
おでんにビールとか新鮮な組み合わせもあって試してみたくなりました。
いろいろおいしそうなビールや料理が出てきましたが、いちばん心惹かれたのは屋台の焼きそばとビールだったりします。はやくお外で飲みたいものです…。

午前4時の白パンも読みました!優しい気持ちになりました、あとお腹空きました!

親から虐待を受けている子供を描いた漫画は多くて、正直なところ目をそらしたくなる題材ではあるけど、それぞれの作家がそれをどう描くかというのはやっぱり気になる。

画力の点では拙い部分があるけど(主に背景)、主人公の岬が苦しみを共有することで親しくなる釘宮さんにはとても魅力を感じました。卒業式に出ずに東京へ行った釘宮さんのその後にはびっくりしたけど、彼女が(たぶんたぶん)自分で選んだ道だし、ある意味いままで自分を見下していた親や同級生同級生、教師を見返すことに成功している。
その強さがあるかどうかで2人の道は別れた気がするけど、岬には味方が居たけど釘宮さんには居なかったという見方もできる。

最後の岬の涙の意味を考えたけど色々ありすぎるなと思いました。

この漫画は読者が大熊さん(箱入り娘箱入り娘)と一緒に神田さん(イケメン女)を愛でるんであって大熊さんはほとんどモブとして読んでます。
まさにこの1巻の表紙のような立ち位置。笑

男と勘違いされて女装を頼まれ、断ろうとしたら付き合うことになっちゃった2人のイチャイチャイチャを眺めるだけなんですけど、最初は、きっとすぐ女であることもばれて、それでも気持ちが変わらないから大丈夫!じゃあ心置きなく百合だね!みたいな展開でしょ、と思っていましたが、1巻が終わるまで勘違いは続いてます。
神田さんを心底男だと思いこんでいるがゆえに、勘が鈍い女みたいになっちゃてる大熊さんにちょっといらつくこともあるけど、個人的には神田さんの美しさがこの漫画の価値だと思っています。ほんっと美しいので。ひとえにこの著者のかたの画力の賜物だと思いますが。

みなさんも一緒に神田さんを愛でませんか?

不揃いの連理は、ちょっと暴力描写がありますが、痛みや傷に自分の想いや存在を刻みつけようとするような不安や愛情が描かれる、本当に良い作品です。Still Sickもなかなか捻じ曲がった二人が心を解いていくいい話。こちらはもうすぐ3巻で完結のようですので是非。 百合漫画大賞は30位までの中に最近の良作がランクインする一方、1票(144位)まで見ることが出来、これも百合に入るのか、とかこれがこの順位なの?と、百合世界の広がりを見ることができていいですね!

不揃いの連理は、ちょっと暴力描写がありますが、痛みや傷に自分の想いや存在を刻みつけようとするような不安や愛情が描かれる、本当に良い作品です。Still Sickもなかなか捻じ曲がった二人が心を解いていくいい話。こちらはもうすぐ3巻で完結のようですので是非。 百合漫画大賞は30位までの中に最近の良作がランクインする一方、1票(144位)まで見ることが出来、これも百合に入るのか、とかこれがこの順位なの?と、百合世界の広がりを見ることができていいですね!

@あうしぃ@カワイイマンガ

どちらも社会人百合ですね!早急に読みたいと思います。
1票の作品まで見れるってそうないですよね。自分が投じた一票が反映されてるのが実感できてとてもいいと思いました。たしかに今まで百合として読んでいなかったものがランクインしてると「そういう読み方もあったか…!」という発見になります。

不揃いの連理とStill Sickが入っていて幸せ。さよならローズガーデンもまだ1巻しか読んでないですが好き。 ヴァンピアーズ買ってあるるけど、まだ読めてないんだ……

不揃いの連理とStill Sickが入っていて幸せ。さよならローズガーデンもまだ1巻しか読んでないですが好き。 ヴァンピアーズ買ってあるるけど、まだ読めてないんだ……

@あうしぃ@カワイイマンガ

実はヴァンピアーズヴァンピアーズ以外はほとんど読んでない私です…。Still SickStill Sickは前から気になってたんですが不揃いの連理不揃いの連理は初めて知りました!

百合マンガ大賞2020決まってた〜〜〜:tada:
私の推しのヴァンピアーズヴァンピアーズ、5位でした!素晴らしい!!

大変長らくお待たせいたしました。当サイトで実施した百合漫画大賞2020の10位から1位までの順位を発表したいと思います。 百合漫画大賞2020についてご存じではない方は下記の特設ページからイベント概要をご覧ください。 百合漫画大賞2020特設ページに戻る 投票ルール 対象となった百合漫画は20...

1位「ささやくように恋を唄うささやくように恋を唄う
2位「不揃いの連理不揃いの連理
3位「きみが死ぬまで恋をしたいきみが死ぬまで恋をしたい
4位「さよならローズガーデンさよならローズガーデン
5位「ヴァンピアーズ」
6位「Still SickStill Sick
7位「ゆりでなるvえすぽわーるゆりでなるvえすぽわーる
8位「きたない君がいちばんかわいいきたない君がいちばんかわいい
8位「定時にあがれたら定時にあがれたら
10位「安達としまむら安達としまむら

票数でいうと1位がやっぱりダントツですね。

実在の脳性麻痺のバイオリニスト、式町水晶さんをモデルにした物語です。

この単行本1巻に収録されている短編「水晶の音」から始まったこの作品ですが、「水晶の音」は母親視点から見ると非常に心が苦しくなります。何らかの障害を覚悟しての出産。何とか産まれた後も、度々医師から告げられる他の子たちにはない困難。動かせない体、見えなくなるかもしれない目、尽きるかもしれない命。それでも、懸命に我が子の生きる道を作ろうと尽力する姿に心を打たれます。と、同時に自分がもし同じ立場に置かれたら、と考え込まずにはいられませんでした。

少年がバイオリンや素晴らしい奏者と出逢いその天性の才能を花開かせることはそれ自体素晴らしいですが、そこに至るまでに精神的にも大変な疲弊をしたであろう彼の親の愛と努力も同様に素晴らしいと思いました。

そして、連載版。少年が出逢ったのは、腎臓が悪く透析が必要で耳が聞こえない親友。彼に自分のバイオリンを聞かせたい、という純粋で切なる願いの尊さがまた響きました。

しかし、異質な物を排除しようとする人間の醜さにより、少年は差別・いじめという試練も受けます。子供特有の残酷さに人よりも生きるのが大変な心身を更に傷つけられる様子は見ていて心が痛くなります。

それでも、親友のために頑張ろうとする水晶のように美しい心を持った気高い少年を応援せずにはいられません。良い舞台の上で、少年のバイオリンで親友がその音色を聞きながら得意のダンスを踊れる日が訪れることを待望します。

うわあ、懐かしい...昔妹に借りて読みました! 何気に初めて読んだグルメ・料理漫画です。 なので『給食の時間』なんかも信頼して読みましたね〜 ちなみにうちの本棚には 『博士の愛した数式』『幸福な食卓』が挿さってます。 内容も断片的には覚えているのですが、かなりあやふやなので、 クチコミ読んで再読したくなりました。 それにしても暗い話題で申し訳ないですが、くりた陸先生、亡くなられてます?一覧を見ていたら、家族への最後のメッセージ的な作品があったので...

うわあ、懐かしい...昔妹に借りて読みました! 何気に初めて読んだグルメ・料理漫画です。 なので『給食の時間』なんかも信頼して読みましたね〜 ちなみにうちの本棚には 『博士の愛した数式』『幸福な食卓』が挿さってます。 内容も断片的には覚えているのですが、かなりあやふやなので、 クチコミ読んで再読したくなりました。 それにしても暗い話題で申し訳ないですが、くりた陸先生、亡くなられてます?一覧を見ていたら、家族への最後のメッセージ的な作品があったので...

@あうしぃ@カワイイマンガ

この作品自体は知っていたのですがちゃんと読みはじめたのはほんとに最近(というか今)なので、いろいろ読んでみたいなあと思ったところです
博士の愛した数式博士の愛した数式を漫画化しているんですね、好きな小説なので漫画も読んでみたいです!
検索してみたところ、54歳の若さでお亡くなりになられたようです。出会えたばかりなのに寂しい…

齢32歳にして、JKを尊敬し憧れてしまった…!!
料理が大得意で性格がよくて可愛くて人のことばっかり考えていて全然嫌味がなくて案外辛辣なことも言えたりしていつも明るくて…こんなもの凄いスペックなのになんかその辺に居そうだし友達になれる気がしちゃうのが芹香ちゃん。
2人の年上男性の間で揺れる心も描かれるけど、そりゃまあこんな女の子みんな好きになる。わたしも芹香ちゃん好き好き結婚したいし芹香ちゃんになりたい!!
若くして料理を志す子はみんないい子なんですかね、ソースは将太の寿司将太の寿司とこの作品だけだけど(ミスター味っ子ミスター味っ子もギリ)
一気に最終巻まで読んでからクチコミを書こうかなと思ったけど、芹香ちゃんの揺れる気持ちを味わいたくてゆっくりゆっくり読んでみている。こんな気持ちはじめて。

最終巻でわたしと結婚してくれないかな芹香ちゃん。好き。一緒にご飯つくりたい。

女の子と羽毛布団のアイドルユニットのお話。
え?って思ったけど読んでみたらそのままだった。
売れないソロアイドル鮮子と羽毛布団のおふとんふとんちゃんがユニットを組んで切磋琢磨していくストーリーです。
推せる!可愛い!最高!
そもそもコンビとかシンメとかにアイドルファンは弱い。苦労してる子にも弱い。
なかなか売れずに苦労した鮮子がおふとんちゃんに人気を全部持っていかれながらも仲良く支えあっている姿を見たら推すしかない!!
相方が布団っていうのはなかなかにエッジ効き過ぎではあるものの、アイドルユニットの良さがちゃんと描かれていて推せる。
しかもおふとんちゃんが本当にかわいい。ハグ会行きたいに決まってる。

結論:推せる。

可愛い表紙で気になったので読みました。
ソースの話、いいですね…
感動の押し付けみたいな感じでは一切ないし、ご飯を食べてる中にもその人の人生が垣間見えたりどの話も好きでした!
余談ですがうちは天ぷらに醤油でしたね!あと塩とマヨ なんか違うなと思ったら実は母親カレー粉を入れてたとあとで知りました。食は家庭が出ちゃいますよね

いえいえ、今は体調崩して休んでますので、皆様に助けていただいております。 かつての私のような社畜の皆さんも、お気に入りの喫茶店や一杯飲み屋、立ち喰いそば屋なんかで一瞬、癒されているんですよね、きっと。 食って本当に、栄養だけではなく、癒しだったり文化だったり、心に作用しますよね。 (そんなことが描かれている作品として先週、『午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】』なんて作品もレビューしてみました。)

いえいえ、今は体調崩して休んでますので、皆様に助けていただいております。 かつての私のような社畜の皆さんも、お気に入りの喫茶店や一杯飲み屋、立ち喰いそば屋なんかで一瞬、癒されているんですよね、きっと。 食って本当に、栄養だけではなく、癒しだったり文化だったり、心に作用しますよね。 (そんなことが描かれている作品として先週、『午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】』なんて作品もレビューしてみました。)

@あうしぃ@カワイイマンガ

本当にその通りだと思います
食によって癒されたりがんばろうと思えたり…栄養以上に支えになってますね

午前4時の白パン、読んでみたいと思います!

私も今、ネットで探してみたのですが、作品に描かれているミルクスタンドは5番線(総武線新宿方面)にあるもののようです。作品では6番線のように描かれているのですが、もしかしたら私が何か見落としているのかもしれません。 6番線にも同じ会社がやっている、店名の違うミルクスタンドがあってサービスも同様のようです。 いずれにせよ、当時は毎日終電帰りだったため、閉店していた可能性が高いなぁ、と思い至りました。 日々のオアシスに、こんなお店を利用してみたかったなぁ…

私も今、ネットで探してみたのですが、作品に描かれているミルクスタンドは5番線(総武線新宿方面)にあるもののようです。作品では6番線のように描かれているのですが、もしかしたら私が何か見落としているのかもしれません。 6番線にも同じ会社がやっている、店名の違うミルクスタンドがあってサービスも同様のようです。 いずれにせよ、当時は毎日終電帰りだったため、閉店していた可能性が高いなぁ、と思い至りました。 日々のオアシスに、こんなお店を利用してみたかったなぁ…

@あうしぃ@カワイイマンガ

終電帰りの生活をしていただなんて…おつかれさまです!経済を支えていただきありがとうございます(全国民を代表して感謝)
こういうお店が仕事の合間の癒しになっている働く大人たちがたくさんいるんでしょうね、素敵だなあ

ご存知の方がいらっしゃった! 行ってみたいですよね〜 昔の私は何を見ていたのだろう...

ご存知の方がいらっしゃった! 行ってみたいですよね〜 昔の私は何を見ていたのだろう...

@あうしぃ@カワイイマンガ

写真で見ると大きいですけど意外とこじんまりしてる感じ(だった気がする)で気づかなかったのかもしれないですね
キオスクみたいなもんかなって素通りしているひとは多い気がします

今『東京黄昏買い食い部』という作品が一押しなのですが、『買い食い部』という部活の部員二人の出会いの場が、秋葉原駅の総武線6番線(千葉、津田沼方面)にある「牛乳スタンド」なんですね。 ビン牛乳やフルーツ牛乳、ホットミルクもあって、甘食や蒸しパンなんかもあって、すごくいい感じなんですけど、私は会社員時代の三年間、毎日ここを通っていたはずなのに、見覚えがないんです...(15年くらい前) みなさんご存知ですか?っていうか昔からあった?

今『東京黄昏買い食い部』という作品が一押しなのですが、『買い食い部』という部活の部員二人の出会いの場が、秋葉原駅の総武線6番線(千葉、津田沼方面)にある「牛乳スタンド」なんですね。 ビン牛乳やフルーツ牛乳、ホットミルクもあって、甘食や蒸しパンなんかもあって、すごくいい感じなんですけど、私は会社員時代の三年間、毎日ここを通っていたはずなのに、見覚えがないんです...(15年くらい前) みなさんご存知ですか?っていうか昔からあった?

@あうしぃ@カワイイマンガ

総武線のホームでいつも見かけて気になってはいました!!
いつも乗り換えの合間に横目で見ていたのでいつか利用してみたいな…フルーツ牛乳飲みたいです

私はこの作品を電子書籍で読んでいますが、まず驚くのが唐突に現れるカラーページです。 様々な東京の街を女子高生二人が買い食いして回る、というお話なのですが、その時食べた物や食べた場所、時間や気候といった思い出要素が、1ページの風景イラストに印象的に表現されていて、それが美しい! 使われている技法がかなり多彩で驚きますが、内容に合わせた技法や色調を採用しているので、しっくりくる上に目が楽しい。これはカラーページだけ絵葉書にして欲しくなる! 12ヶ月の時候に沿って、女子高生凸凹コンビが季節の物、ご当地物などを食べ歩きますが、単純に「女子高生物」ではないのも大きな特徴。ここはネタバレ避けますが、最初名前も知らなかった二人の間に『買い食い部』という絆が生まれる、過程と未来を交互に見られるようになっていて、読み進めるほど嬉しくなってきます。 女子高生と東京散歩と美味い物が切り離せないのは、『ちづかマップ』や『ぐるぐるてくてく』が証明済み。これらの作品の「美味しい物回」を凝縮したようなお話に、美麗なカラーイラストも付いたおトクな作品。どうぞご賞味あれ! ※巻中のカラーページは、電子書籍のみのようです。カラーページをご覧になりたい方は電子書籍をお求めください。 ※連載時のタイトルは『黄昏の買い食い部』だったようです。変更されているのでご注意下さい。

私はこの作品を電子書籍で読んでいますが、まず驚くのが唐突に現れるカラーページです。 様々な東京の街を女子高生二人が買い食いして回る、というお話なのですが、その時食べた物や食べた場所、時間や気候といった思い出要素が、1ページの風景イラストに印象的に表現されていて、それが美しい! 使われている技法がかなり多彩で驚きますが、内容に合わせた技法や色調を採用しているので、しっくりくる上に目が楽しい。これはカラーページだけ絵葉書にして欲しくなる! 12ヶ月の時候に沿って、女子高生凸凹コンビが季節の物、ご当地物などを食べ歩きますが、単純に「女子高生物」ではないのも大きな特徴。ここはネタバレ避けますが、最初名前も知らなかった二人の間に『買い食い部』という絆が生まれる、過程と未来を交互に見られるようになっていて、読み進めるほど嬉しくなってきます。 女子高生と東京散歩と美味い物が切り離せないのは、『ちづかマップ』や『ぐるぐるてくてく』が証明済み。これらの作品の「美味しい物回」を凝縮したようなお話に、美麗なカラーイラストも付いたおトクな作品。どうぞご賞味あれ! ※巻中のカラーページは、電子書籍のみのようです。カラーページをご覧になりたい方は電子書籍をお求めください。 ※連載時のタイトルは『黄昏の買い食い部』だったようです。変更されているのでご注意下さい。

@あうしぃ@カワイイマンガ

読みました…もんのすごく良かったです。女子高生が食べ歩くグルメ漫画としても、東京の面白いところを知れる街歩き漫画としても、そしてふたりの青春漫画としても、すべてにおいて満たされた1冊だと思いました。

発売された時は紙版で買うつもりでいたのですが、クチコミを読んで電子版を買ったところ、このカラーがないなら紙で買う意味とは…と思ってしまうほど感動。
各話にあわせたふたりのTwitterのやり取りも手が込んでいるな、と感心しました。

同著者の作品「千早さんはそのままでいい千早さんはそのままでいい」が好きで、将棋マンガも好きだったので、ある種流れで読んでしまったが、いい作品に出会えた。

女流棋士を題材にした作品だが、特に気に入ったのが、主人公がその業界ではいたって「普通」な感じなところ。
もちろん主人公になるくらいなので、ある種センスみたいなものはあるようだが、神童だったとか、業界から一目おかれるズバ抜けた才能があるとかない。
なんなら奨励会に通う年下に、ハンデをもらうくらいだ。

伝聞推定だが、将棋界とは、幼少の頃から化け物みたいな強さでしかプロにはなれないし、ゆくゆくゆくゆく生き残っていくにはそれ以上でないと厳しいと聞いているなかで、主人公の能力はいたって平均値(ちょっと強い?)くらいの印象しかない。
ずっと続けていくのかも不明だ。

ただ、将棋を教えてくれた憧れの女流棋士と指したい、その一心のみで指している。

この普通なのが、なんとも良いんです。
将棋よく知らない一般人と目線が揃うというか、特に女流はぬるま湯ぬるま湯とか腰抜けとか、この普通さに女流の現実を切り込んできちゃうのもいい。

そんな主人公の香が、これからどう化けていくのか、そのきっかけは何なのか、将棋界における女流の現実と、どう立ち向かうのか?

色々、今後が楽しみな作品です。

読み終わってから知ったのですが、ヒダル神って実在?するんですね。笑

(以下ウィキペディアより引用)
“ヒダル神(ヒダルがみ)は、人間に空腹感をもたらす憑き物で、行逢神または餓鬼憑きの一種。主に西日本に伝わっている。”

ストーリーとしては、ヒダル神に取り憑かれた女子大生のヒルダちゃんが、自分探しも込みで日本各地の美味しいものを食べに行く、というものですが「グルメ漫画」感はそこまでない気がします。

最初はヒダルの方が一方的に「ウマいものを食わせないとお前を食うぞ!」と脅しにかかるのですが、少しずつ2人の間に絆が生まれてきて、とてもハートフルハートフルでちょっぴり感動的なラストが待ってます。

お気に入りはヒルダちゃんが自分の髪の毛など体の一部を入れた料理を、ヒダルが空気を読んで無理して食べるシーン。
いろんなコンビを描いた漫画がありますが、この2人はかなり好きな方のコンビです。

webやコミティアで精力的にマンガを発表していた肋骨凹介肋骨凹介さんの待望の初単行本です。

端的に言えばSF。ですが、未来の技術を用いながら現代の私たちが日常日常的に行う営為とまったく地続きの営みを行う姿、最先端の叡智と俗っぽさの融合は多くのSF作品とは違った面白さがあります。

抹香も摘める焼香ロボ、整体や眼鏡屋も入った地球への巡航船、ロボット三原則を越えた将棋AI、「甘酸っぱ鉄冷い」料理etc...

そこかしこに鏤められた数々の興味深いガジェットや設定から、濃密なセンスオブワンダーを受け取ることができます。

「自分の技能は私利私欲のためにしか使わない」と決めている主人公を始めとして登場人物たちは癖のあるキャラばかりで、そんな彼らの掛け合いにも妙味が詰まっています。

そして、1話目からでは想像がつかない展開もあり1冊を読み終えた時の満足感と続きへの期待感は非常に大きなものとなります。

本作も他の作品も含めて今後がとても楽しみです。

お、こちらは男性釣りですね! 最近の釣り漫画はむしろ女性が主流になっていたので、男性の釣り漫画は貴重かも、です。手軽にできる、というのは一つの訴求になりますね!

お、こちらは男性釣りですね! 最近の釣り漫画はむしろ女性が主流になっていたので、男性の釣り漫画は貴重かも、です。手軽にできる、というのは一つの訴求になりますね!

@あうしぃ@カワイイマンガ

ありがとうございます。男性向けの釣りマンガって、ちょっとガチ勢向けだったり、「釣りバカ日誌釣りバカ日誌」のような長巻モノのイメージが強くて、気軽に読める作品は貴重なんですよね。もっとこういうマンガが増えてくれたらなあって思います。

男性の趣味としてはメジャーな釣りですが、最近女性の釣りを取り上げるマンガが出てきているので、それら「釣り女子漫画」をレビューしました。「独りでする釣り」「誰かとする釣り」と区分しました。 ●独りでする釣り 『おひ釣りさま』(おひとりさまライフスタイル) 『つれづれダイアリー』(誰にも邪魔されたくない) 『浜咲さんなら引いている』(都会でする趣味としては珍しい) ●誰かとする釣り 『スローループ』(友達と) 『放課後ていぼう日誌』(部活で) 『釣りとごはんと、恋は凪』(彼氏と) 他にも独りで釣りする女子が同行者が欲しくなった『カワセミさんの釣りごはん』もあります。 いずれも楽しそうなのは共通なので、どうぞお試しください!

男性の趣味としてはメジャーな釣りですが、最近女性の釣りを取り上げるマンガが出てきているので、それら「釣り女子漫画」をレビューしました。「独りでする釣り」「誰かとする釣り」と区分しました。 ●独りでする釣り 『おひ釣りさま』(おひとりさまライフスタイル) 『つれづれダイアリー』(誰にも邪魔されたくない) 『浜咲さんなら引いている』(都会でする趣味としては珍しい) ●誰かとする釣り 『スローループ』(友達と) 『放課後ていぼう日誌』(部活で) 『釣りとごはんと、恋は凪』(彼氏と) 他にも独りで釣りする女子が同行者が欲しくなった『カワセミさんの釣りごはん』もあります。 いずれも楽しそうなのは共通なので、どうぞお試しください!

@あうしぃ@カワイイマンガ

す、すごい。釣り漫画だけでこんなにたくさんあるんですね…!個人的には「浜咲さんなら引いている浜咲さんなら引いている」が気になります。表紙もかわいい!

そうなんです、東京結構釣れるんです!自然と人工がせめぎ合う所を果敢に攻める浜咲さん、可愛いのにカッコいいし、努力が凄いので、ぜひ全部読んでみてください! そしてウナギといえば、浜名湖の『つれづれダイアリー』第二巻です!釣るためにウナギの食べ方を学ぶ主人公が、こちらも可愛いけどカッコいいのです!併せてチェックしてみてください!

そうなんです、東京結構釣れるんです!自然と人工がせめぎ合う所を果敢に攻める浜咲さん、可愛いのにカッコいいし、努力が凄いので、ぜひ全部読んでみてください! そしてウナギといえば、浜名湖の『つれづれダイアリー』第二巻です!釣るためにウナギの食べ方を学ぶ主人公が、こちらも可愛いけどカッコいいのです!併せてチェックしてみてください!

@あうしぃ@カワイイマンガ

ご紹介ありがとうございます!つれづれダイアリーつれづれダイアリーも面白そうですね、チェックしてみます…!