投稿
コメント
わかる

前の方に少年画報社少年画報社の「食」コンビニコミック誌が取り上げられていましたが、ぶんか社からも似た感じのコンビニコミック雑誌が出ています。
ごはん日和ごはん日和」というのですが、こちらから幾つか連載が単行本になっていたので、レビューしました。以下の作品です。

14歳の里山レシピ 東吉野で、いただきます。14歳の里山レシピ 東吉野で、いただきます
笑とお兄ちゃんのなりゆきごはん笑とお兄ちゃんのなりゆきごはん
午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】
釣りとごはんと、恋は凪釣りとごはんと、恋は凪

先日『出没!ビール女子出没!ビール女子』というビール×料理漫画を読みました。
ある土地の料理に、その土地で造られたビールって、やっぱり鉄板なんですよねー。
私も色々試したことがありますが、例えばもらったオリオンビールを家で普通の家庭料理にあわせてみましたが、沖縄料理屋で飲んだ旨さは感じられませんでした。
料理とビールの合わせ方を考えながらお店を選びたくなる、いい漫画でしたよ!

この作品自体は知っていたのですがちゃんと読みはじめたのはほんとに最近(というか今)なので、いろいろ読んでみたいなあと思ったところです 博士の愛した数式を漫画化しているんですね、好きな小説なので漫画も読んでみたいです! 検索してみたところ、54歳の若さでお亡くなりになられたようです。出会えたばかりなのに寂しい…

この作品自体は知っていたのですがちゃんと読みはじめたのはほんとに最近(というか今)なので、いろいろ読んでみたいなあと思ったところです 博士の愛した数式を漫画化しているんですね、好きな小説なので漫画も読んでみたいです! 検索してみたところ、54歳の若さでお亡くなりになられたようです。出会えたばかりなのに寂しい…

@野愛

私の場合は懐かしい作家さん、という感覚ですが、やはり寂しいですね...

博士の愛した数式博士の愛した数式、いいですよ!

齢32歳にして、JKを尊敬し憧れてしまった…!! 料理が大得意で性格がよくて可愛くて人のことばっかり考えていて全然嫌味がなくて案外辛辣なことも言えたりしていつも明るくて…こんなもの凄いスペックなのになんかその辺に居そうだし友達になれる気がしちゃうのが芹香ちゃん。 2人の年上男性の間で揺れる心も描かれるけど、そりゃまあこんな女の子みんな好きになる。わたしも芹香ちゃん好き好き結婚したいし芹香ちゃんになりたい!! 若くして料理を志す子はみんないい子なんですかね、ソースは将太の寿司とこの作品だけだけど(ミスター味っ子もギリ) 一気に最終巻まで読んでからクチコミを書こうかなと思ったけど、芹香ちゃんの揺れる気持ちを味わいたくてゆっくりゆっくり読んでみている。こんな気持ちはじめて。 最終巻でわたしと結婚してくれないかな芹香ちゃん。好き。一緒にご飯つくりたい。

齢32歳にして、JKを尊敬し憧れてしまった…!! 料理が大得意で性格がよくて可愛くて人のことばっかり考えていて全然嫌味がなくて案外辛辣なことも言えたりしていつも明るくて…こんなもの凄いスペックなのになんかその辺に居そうだし友達になれる気がしちゃうのが芹香ちゃん。 2人の年上男性の間で揺れる心も描かれるけど、そりゃまあこんな女の子みんな好きになる。わたしも芹香ちゃん好き好き結婚したいし芹香ちゃんになりたい!! 若くして料理を志す子はみんないい子なんですかね、ソースは将太の寿司とこの作品だけだけど(ミスター味っ子もギリ) 一気に最終巻まで読んでからクチコミを書こうかなと思ったけど、芹香ちゃんの揺れる気持ちを味わいたくてゆっくりゆっくり読んでみている。こんな気持ちはじめて。 最終巻でわたしと結婚してくれないかな芹香ちゃん。好き。一緒にご飯つくりたい。

@野愛

うわあ、懐かしい...昔妹に借りて読みました!
何気に初めて読んだグルメ・料理漫画です。
なので『給食の時間給食の時間』なんかも信頼して読みましたね〜
ちなみにうちの本棚には
博士の愛した数式博士の愛した数式』『幸福な食卓』が挿さってます。

内容も断片的には覚えているのですが、かなりあやふやなので、
クチコミ読んで再読したくなりました。
それにしても暗い話題で申し訳ないですが、くりた陸くりた陸先生、亡くなられてます?一覧を見ていたら、家族への最後のメッセージ的な作品があったので...

可愛い表紙で気になったので読みました。 ソースの話、いいですね… 感動の押し付けみたいな感じでは一切ないし、ご飯を食べてる中にもその人の人生が垣間見えたりどの話も好きでした! 余談ですがうちは天ぷらに醤油でしたね!あと塩とマヨ なんか違うなと思ったら実は母親カレー粉を入れてたとあとで知りました。食は家庭が出ちゃいますよね

可愛い表紙で気になったので読みました。 ソースの話、いいですね… 感動の押し付けみたいな感じでは一切ないし、ご飯を食べてる中にもその人の人生が垣間見えたりどの話も好きでした! 余談ですがうちは天ぷらに醤油でしたね!あと塩とマヨ なんか違うなと思ったら実は母親カレー粉を入れてたとあとで知りました。食は家庭が出ちゃいますよね

@名無し

第二話のソース天ぷらですね。本当にいいですね!
文学だと味わい深い食エッセイって沢山ありますが、漫画で、コンビニコミックの連載でこの味わい深さはすごい。確かに食を通じて人生を垣間見れる、しみじみとした作品です。

地域性もあれば歴史も遺伝もありますしね。天ぷらとマヨはまたレアかもしれないですが、それを形作ったものに思いを馳せるのもいいですね!

終電帰りの生活をしていただなんて…おつかれさまです!経済を支えていただきありがとうございます(全国民を代表して感謝) こういうお店が仕事の合間の癒しになっている働く大人たちがたくさんいるんでしょうね、素敵だなあ

終電帰りの生活をしていただなんて…おつかれさまです!経済を支えていただきありがとうございます(全国民を代表して感謝) こういうお店が仕事の合間の癒しになっている働く大人たちがたくさんいるんでしょうね、素敵だなあ

@野愛

いえいえ、今は体調崩して休んでますので、皆様に助けていただいております。

かつての私のような社畜の皆さんも、お気に入りの喫茶店や一杯飲み屋、立ち喰いそば屋なんかで一瞬、癒されているんですよね、きっと。
食って本当に、栄養だけではなく、癒しだったり文化だったり、心に作用しますよね。

(そんなことが描かれている作品として先週、『午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】午前4時の白パン 【描き下ろし漫画付】』なんて作品もレビューしてみました。)

写真で見ると大きいですけど意外とこじんまりしてる感じ(だった気がする)で気づかなかったのかもしれないですね キオスクみたいなもんかなって素通りしているひとは多い気がします

写真で見ると大きいですけど意外とこじんまりしてる感じ(だった気がする)で気づかなかったのかもしれないですね キオスクみたいなもんかなって素通りしているひとは多い気がします

@野愛

私も今、ネットで探してみたのですが、作品に描かれているミルクスタンドは5番線(総武線新宿方面)にあるもののようです。作品では6番線のように描かれているのですが、もしかしたら私が何か見落としているのかもしれません。

6番線にも同じ会社がやっている、店名の違うミルクスタンドがあってサービスも同様のようです。

いずれにせよ、当時は毎日終電帰りだったため、閉店していた可能性が高いなぁ、と思い至りました。

日々のオアシスに、こんなお店を利用してみたかったなぁ…

総武線のホームでいつも見かけて気になってはいました!! いつも乗り換えの合間に横目で見ていたのでいつか利用してみたいな…フルーツ牛乳飲みたいです

総武線のホームでいつも見かけて気になってはいました!! いつも乗り換えの合間に横目で見ていたのでいつか利用してみたいな…フルーツ牛乳飲みたいです

@野愛

ご存知の方がいらっしゃった!
行ってみたいですよね〜

昔の私は何を見ていたのだろう...

読みました…もんのすごく良かったです。女子高生が食べ歩くグルメ漫画としても、東京の面白いところを知れる街歩き漫画としても、そしてふたりの青春漫画としても、すべてにおいて満たされた1冊だと思いました。 発売された時は紙版で買うつもりでいたのですが、クチコミを読んで電子版を買ったところ、このカラーがないなら紙で買う意味とは…と思ってしまうほど感動。 各話にあわせたふたりのTwitterのやり取りも手が込んでいるな、と感心しました。

読みました…もんのすごく良かったです。女子高生が食べ歩くグルメ漫画としても、東京の面白いところを知れる街歩き漫画としても、そしてふたりの青春漫画としても、すべてにおいて満たされた1冊だと思いました。 発売された時は紙版で買うつもりでいたのですが、クチコミを読んで電子版を買ったところ、このカラーがないなら紙で買う意味とは…と思ってしまうほど感動。 各話にあわせたふたりのTwitterのやり取りも手が込んでいるな、と感心しました。

@nyae

おっしゃる通り、見所が多くて満足度が高いですよね!Twitterの使い方も、なんか本当にこういう人がいそうな、ちょっとリアルリアルな感じがしました。

電書を推奨してしまうのは、紙派が多いので結構勇気がいるのですが、この作品のカラーは本当にいい表現なので(ホクサイと飯さえあればホクサイと飯さえあれば』のカバー絵が好きな方には絶対カラーで見て欲しかったので)敢えて推奨してみました。良さが伝わってとても嬉しいです!

今『東京黄昏買い食い部東京黄昏買い食い部』という作品が一押しなのですが、『買い食い部』という部活の部員二人の出会いの場が、秋葉原駅の総武線6番線(千葉、津田沼方面)にある「牛乳スタンド」なんですね。

ビン牛乳やフルーツ牛乳、ホットミルクもあって、甘食や蒸しパンなんかもあって、すごくいい感じなんですけど、私は会社員時代の三年間、毎日ここを通っていたはずなのに、見覚えがないんです...(15年くらい前)

みなさんご存知ですか?っていうか昔からあった?

釣りマンガで便乗させてもらうと 「ちょい釣りダンディ」って漫画もおすすめっすよ。

釣りマンガで便乗させてもらうと 「ちょい釣りダンディ」って漫画もおすすめっすよ。

@くにお

お、こちらは男性釣りですね!
最近の釣り漫画はむしろ女性が主流になっていたので、男性の釣り漫画は貴重かも、です。手軽にできる、というのは一つの訴求になりますね!

す、すごい。釣り漫画だけでこんなにたくさんあるんですね…!個人的には「浜咲さんなら引いている」が気になります。表紙もかわいい!

す、すごい。釣り漫画だけでこんなにたくさんあるんですね…!個人的には「浜咲さんなら引いている」が気になります。表紙もかわいい!

@名無し

数も驚くのですが、釣りの内容に関しては被りが多いのに、作品のテイストや釣りを通して伝えられることの多様性にびっくりします。全部違うので、読んでて楽しかったですよ!

浜咲さん、表情豊かで可愛いので、お勧めします!可愛い系だと、きらら系のスローループスローループ、今春アニメ化予定の放課後ていぼう日誌放課後ていぼう日誌はお勧めです!

男性の趣味としてはメジャーメジャーな釣りですが、最近女性の釣りを取り上げるマンガが出てきているので、それら「釣り女子漫画」をレビューしました。「独りでする釣り」「誰かとする釣り」と区分しました。

●独りでする釣り
おひ釣りさまおひ釣りさま』(おひとりさまおひとりさまライフスタイル)
つれづれダイアリーつれづれダイアリー』(誰にも邪魔されたくない)
浜咲さんなら引いている浜咲さんなら引いている』(都会でする趣味としては珍しい)
●誰かとする釣り
スローループスローループ』(友達と)
放課後ていぼう日誌放課後ていぼう日誌』(部活で)
釣りとごはんと、恋は凪釣りとごはんと、恋は凪』(彼氏と)

他にも独りで釣りする女子が同行者が欲しくなった『カワセミさんの釣りごはんカワセミさんの釣りごはん』もあります。

いずれも楽しそうなのは共通なので、どうぞお試しください!

試し読みしてみたのですが面白いですね!東京の女子高生が都内のそこら辺で釣りまくるとは…。しかも1話でウナギを釣るなんて(笑) 都会にこんなにも魚がいるのかと驚かされました。

試し読みしてみたのですが面白いですね!東京の女子高生が都内のそこら辺で釣りまくるとは…。しかも1話でウナギを釣るなんて(笑) 都会にこんなにも魚がいるのかと驚かされました。

@名無し

そうなんです、東京結構釣れるんです!自然と人工がせめぎ合う所を果敢に攻める浜咲さん、可愛いのにカッコいいし、努力が凄いので、ぜひ全部読んでみてください!

そしてウナギといえば、浜名湖の『つれづれダイアリーつれづれダイアリー』第二巻です!釣るためにウナギの食べ方を学ぶ主人公が、こちらも可愛いけどカッコいいのです!併せてチェックしてみてください!

めちゃくちゃ現実的な台詞に打ちのめされました…! 子育てしてたらただ恋愛してりゃいいわけじゃないですもんね、リアル!

めちゃくちゃ現実的な台詞に打ちのめされました…! 子育てしてたらただ恋愛してりゃいいわけじゃないですもんね、リアル!

@野愛

本当に、こんなにリアルリアルで痛々しい話ってなかなかない。主人公の情けなさがものすごいのですが、その後の主人公が恋愛脳から脱して、シングルマザーマザーの子育てに寄り添うようになるのが頼もしく、彼の成長物語としてすごくいい話になっているんですよね〜

美人で巨乳のシングルマザーマザーとの恋愛物かな?と錯覚させておいて、母子家庭のリアルリアルでハードな子育てに引きずり込む

君のお母さんを僕に下さい!君のお母さんを僕に下さい!』という漫画。なかなか痛いのを喰らわしてくれます。

大庭賢哉大庭賢哉先生の『トモネントモネン』は、カバー穴空き加工+表紙四色刷りで面白いです!因みに名和田耕平さんデザイン。

あと、同じ大庭賢哉先生の『郵便配達と夜の国郵便配達と夜の国』『屋根裏の私の小さな部屋屋根裏の私の小さな部屋』は、ハードカバー上製本で、上等な児童書の趣。こちらは名久井直子さんの装丁。

オリンピックに合わせてだと思うけどボルダリングの漫画がすごい増えたね ・壁ドン! ・のぼる小寺さん ・フリクションガール ・いわかける! ―Climbing Girls―

オリンピックに合わせてだと思うけどボルダリングの漫画がすごい増えたね ・壁ドン! ・のぼる小寺さん ・フリクションガール ・いわかける! ―Climbing Girls―

@名無し

また新たにボルダリング漫画が、百合方面から登場です。

ぽちゃクライム!ぽちゃクライム!
可愛いけど真剣!
こちらもどうぞ!

ビーチバレーって、女子競技の方が男子より有名な数少ないスポーツですが(あとはソフトボールとか?)そんな競技を取り上げた

はるかなレシーブはるかなレシーブ

ちょっと百合orロマンシス風味なのは、二人でやる競技だから…でも超本気。きらら系とは思えない熱さ!

icon
あうしぃ@カワイイマンガ
約2ヶ月前
二人の絆が、ボールを繋ぐよ!
とかくマスコミやカメラ小僧の下衆な視線に晒されがちな、ビーチバレーという競技。本当はこんなにも魅せるスポーツなのかと、本作を読むと驚かされる。 沖縄の青い空、白い砂浜。 そこを躍動する若い身体! 柔らかい砂地のおかげで、ハードに転がれる特性を活かして、とにかく女子高生達のプレイが伸びやかで、大胆だ。 様々なアングルで、プレイの迫力と勢いを描き、試合をグイグイと読ませる。線が細い事を除けば、マガジン等で連載でもおかしくない、勢いのある表現だ。 一方で、例えば試合用の水着を買うのに、機能性も重要だけど可愛さも大事だよね、という感覚など、要所で「きらら系」らしさが見て取れる。 一度は挫折したかなたの復帰を、元気に後押しするはるかと、それに応えるかなた。二人の息の合ったプレイと、醸成される信頼関係に胸が熱くなる。見ているこちらが照れ臭い二人のやり取りは、明るく真っ直ぐなロマンシス。 戦略的な部分もかなり緻密で、ビーチバレーの面白さに溢れているこの作品。きらら系とかの色眼鏡を外して、単純にスポーツ漫画として、ちょっと変わった競技を見てみたいと思った方に、この作品はお勧め。 見開きが本当に迫力なので、大きめのタブレットで見ると最高!

「ぼくらのよあけ」に関しまして確認したところ、年齢制限設定がされていたため先ほど修正いたしました。ご指摘感謝いたします。 アプリで表示されないケースとしては 1)出版社などの書誌情報が欠けているもの 2)作品の年齢制限(レーティング)によるもの 3)1つのシリーズとして集約しているもの ※アプリ側ではシリーズの詳細表示は未対応) 以上が挙げられます。 情報の不足・誤りは都度修正をしておりますが、間に合ってないものに関してご不便をおかけしてしまっております。 以上、何卒よろしくお願い致します。

「ぼくらのよあけ」に関しまして確認したところ、年齢制限設定がされていたため先ほど修正いたしました。ご指摘感謝いたします。 アプリで表示されないケースとしては 1)出版社などの書誌情報が欠けているもの 2)作品の年齢制限(レーティング)によるもの 3)1つのシリーズとして集約しているもの ※アプリ側ではシリーズの詳細表示は未対応) 以上が挙げられます。 情報の不足・誤りは都度修正をしておりますが、間に合ってないものに関してご不便をおかけしてしまっております。 以上、何卒よろしくお願い致します。

@マンバ

ご返答ありがとうございます!

アプリで表示できないケースを拝見しましたが、いずれも御社でどうにかなる内容ではないこと、納得いたしました。

今後もこちらから、推したい作品の表示をお願いすることがあると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!

あうしぃ@カワイイマンガ様 いつもマンバをご利用いただき誠にありがとうございます。 お問い合わせの件につきまして、ご不便をおかけし大変申し訳ございません。 「アニウッド大通り」に関しては、出版社の指定がなかったため表示がされなかったようで、とりいそぎ出版社を「星海社」へ変更致しました。 また、アプリではWEB版と違い、年齢制限等により一部の作品の表示が制限される場合がございます。こちらご了承いただけますと幸いです。 今後も快適にサービスをご利用いただけますよう努めて参ります。 以上、どうぞよろしくお願い致します。

あうしぃ@カワイイマンガ様 いつもマンバをご利用いただき誠にありがとうございます。 お問い合わせの件につきまして、ご不便をおかけし大変申し訳ございません。 「アニウッド大通り」に関しては、出版社の指定がなかったため表示がされなかったようで、とりいそぎ出版社を「星海社」へ変更致しました。 また、アプリではWEB版と違い、年齢制限等により一部の作品の表示が制限される場合がございます。こちらご了承いただけますと幸いです。 今後も快適にサービスをご利用いただけますよう努めて参ります。 以上、どうぞよろしくお願い致します。

@マンバ

アニウッド大通りアニウッド大通りのご対応ありがとうございます!こちら、作者様のkindleによる個人出版で、星海社の書籍版が事実上止まっているため、個人出版の方をアナウンスすると親切かな、と思います。

また、アプリ版の問題ですが、例えばいま、今井哲也今井哲也先生の『ぼくらのよあけぼくらのよあけ』が表示されていませんが、先日までは『ハックス!ハックス!』が表示されていなかった、というように、法則性なく作品ページが表示されないことがあります。