宅配男子の夜の顔。~逞しい腕で甘く愛されて…

宅配男子の夜の顔。~逞しい腕で甘く愛されて…

無防備な部屋着をずらされて、トロトロのアソコに侵入してくる指先… 宅配男子に玄関先で襲われちゃうなんて…っ! ――宅配バイトの大和さんの天敵は、ライバル会社の佐川君。事あるごとにイジワルされて、悔しい思いをしていたある日、なんと佐川くんが自宅に配達にやってきた!? しかも、いつもの制服とは違う女の子らしい格好に気づかれて、「誘ってるの?」と押し倒されちゃって――。逞しい腕に包まれて、カラダの芯まで溶かされちゃう… いつもイジワルなのにエッチの時は爽やかカッコイイなんて、ずるいよ……!
不倫初夜、許されない恋に溺れるカラダ…

不倫初夜、許されない恋に溺れるカラダ…

「…奥手だった自分が心底憎いよ」そう言って彼は唇を重ね、舌を絡ませながら私のアソコに触れた。後戻りできない夜が始まる…… 高校時代の夏、不倫をきっかけに両親が離婚した。愛なんて幻想なのかもしれない。そう絶望した当時の私は、幼馴染の彼から受けた愛の告白にも耳を塞いだ。12年後、未だ彼を引きずり続けていた私は、職場で彼と偶然の再会を果たす。止まっていた刻が流れ出すように急速に縮む彼との距離。しかし… 彼は結婚していた。冷え切った家庭に傷つく彼を慰める為一夜限りのつもりで重ねた肌がこんなにも蕩けるなんて…
愛されすぎてカラダもたない…!~30歳干物女が男子校生の嫁になったら~

愛されすぎてカラダもたない…!~30歳干物女が男子校生の嫁になったら~

じっくりトロトロに愛されて、久しぶりに奥まで満たされていく…。こんなにリードしてくれる彼が、まさか男子校生だったなんて…―― 30歳、年齢的に遊びの恋はできないとガードを固くしていると、気の合う男性・嶺に「じゃあ結婚してください」といきなりプロポーズされてしまう! そして迎えた結婚初夜。4年振りのキスは嘘のように気持ちよくて、全身熱くとけあって…。翌朝、嶺の姿を見てビックリ! なんと彼は学ランを着ていた!? 結婚しているとはいえ、男子校生とこんな事イケナイ、のに… 求められると拒めなくて…。
挿れるより気持ちいいエッチ。

挿れるより気持ちいいエッチ。

「挿れるだけがセックスじゃないって教えてやる」敏感なトコ、トロトロになるまで焦らして攻められて、こんな気持ちイイの初めて…。付き合い始めた慶太との初エッチ… ところが、過去のエッチで挿入できずフラれたトラウマのある楓は、彼の大きいアソコを見て逃げてしまった! 後日、このままじゃいけないとオモチャで慣らそうと試みていたら、慶太に鉢合わせ! すると、オモチャを取り上げられ、敏感な所にキスされて、徐々に増す快感。愛情たっぷりな愛撫で濡れたアソコに、1本、2本と彼の指が滑り込む度、気持ちイイ声止められなくて…
女の子の絶頂は、男の10倍キモチイイ?

女の子の絶頂は、男の10倍キモチイイ?

「我慢せず、イってください」頭が痺れそうなキスに、とろけるような愛撫… 熱い指先に昇められ、こんな絶頂、知らない――! 「女の絶頂は男の10倍ってほんと?」男所帯な会社の飲み会は下ネタばかり。辟易した紗良は、一条君の家へ避難。サバサバしてて気が合って一緒にいて心地いい後輩だ。なので酔った勢いでうっかり… 「男の人ってそんなに気持ちよくないの?」と疑問をぶつけてしまう。すると、「…1回、試してみます?」と押し倒され、キスされて…!? 甘い掌がもたらす、嵐のような絶頂。こんな快感、10倍どころじゃ…!
もちろんイかせる、セックスシッターの完璧なお仕事。

もちろんイかせる、セックスシッターの完璧なお仕事。

「焦らされた分、いっぱいご奉仕してあげる」舌と指で同時に弄られて激しくイっちゃう… こんな過激なご奉仕、聞いてない…! 社畜のあかりは、忙しくて愛犬モカのお世話もままならない日々。そこで、ネットで見かけたシッター広告に申し込んでみると、やってきたのは年下イケメンのヒロ君。モカの世話から掃除まで完璧にこなす彼に、「また頼もう」と大満足! …のはずが、「まだ最後のお世話が残ってる」とベッドに運ばれちゃって―― 「シたくなったらいつでも呼んで?」ヒロ君の正体は、なんとセックスシッターだった…!?
今から襲うんで、今日の仕事は終わりです。

今から襲うんで、今日の仕事は終わりです。

「恥ずかしいトコ…もっと見せて?」クールな部下にじっくりイジられて声が漏れちゃう… こんなに濡らされたら仕事に戻れない…! 部署リーダーとして忙しく働く千夏。ある日、優秀だけど苦手な部下の佐々木くんを連れて、仕事のパーティーに出席することに。でも、千夏は挨拶回りで飲み過ぎてしまい、気がつくとベッドの上…。空回りばかりで思わず泣いてしまうと、佐々木くんに強く抱きしめられて―― 優しく慰められて、トロけていく体。仕事で頭がいっぱいだったのに、クチュクチュと潤むココをかき乱されると何も考えられなくて…
ひとりHしたのが、「お」の予測変換でバレちゃった…

ひとりHしたのが、「お」の予測変換でバレちゃった…

「どんな風に指入れた?」だめ…っ! ひとりでシてたときよりも激しく攻められたら… もう立ってられないよ…っ! ――女友達とのHな会話で気になった、「オナニー」を検索してみたしずく。調べてる内にアソコが熱くなってきて、そのまま初1人Hしちゃった…! もちろんこの事は秘密… のはずだったのに、予測変換のせいで幼馴染の凛にバレちゃって――!? 「性欲溜まりすぎじゃね?」とからかわれながら、気持ち良いところを指でぐちゅぐちゅされて… どうしよう、こんなの、自分で弄ってたときと全然違うっ…!
暗室から始まるセックス~ハメ撮り写真を見られちゃって…

暗室から始まるセックス~ハメ撮り写真を見られちゃって…

「恥ずかしがる顔も気持ちいい顔も全部見せて… あの写真みたいに」アソコを舌でとろとろに舐められて… 暗室の中、私達の影は一つになる。――会社の忘年会。憧れの秋山さんを隠し撮りした私。罪悪感を持ちつつも、家で見つけた謎の古いカメラと共に現像に出す。――後日、写真を取りに行くと、店員は… え、秋山さん!? その上、差し出されたのは、古いカメラに記録されていた私のハメ撮り写真だった! ――「こんな熱烈なアピールされたら応えてあげたくなるでしょ?」そういうと彼は、私に濃厚なキスをしてきて…――!?
勤務時間外、隣人の上司はケモノになる。

勤務時間外、隣人の上司はケモノになる。

ベランダで足ガクガクになる程、敏感な所を熱い指先でかき回されて… 鬼上司がこんなにケモノで情熱的だったなんてっ…! 期限が明日までの仕事を家で片づけていたら、大事な資料が風に吹かれて隣のベランダへ。ヤバい…! だって実は、隣の部屋の住人は、上司なんです! こっそりベランダに忍び込むと… 上司の密会現場に鉢合わせ!? 追い詰められて「イケナイ部下にはお仕置きしないとな」って、上司が豹変! 職場で見たことない色気とテクニックで、気持ちいい所をトロトロになるまで責められて…
「先に襲ったのはお前だろ?」~間違えて上司を夜這いした結果…

「先に襲ったのはお前だろ?」~間違えて上司を夜這いした結果…

じゅるじゅると音を立てて、激しく舐めてくる上司の舌先―― 夜這い相手を間違えて、こんなことになっちゃうなんて…! 最近、彼氏がイってくれない… そんなHの悩みを、飲み会でうっかり上司に聞かれたまゆ。すると「夜這いでもしてみたら」と言われてしまった! その晩、酔い潰れて目を覚ますとベッドの上。隣には眠る彼氏。ふと上司の言葉を思い出し、今日は私から…! と意を決してアソコを咥える。すると、頭の上から低い声が。「お前って案外大胆なんだな」その声の正体は… そして、まゆが舐めていたのは…!?
本当の束縛、教えてやる~上司に飼い慣らされるカラダ

本当の束縛、教えてやる~上司に飼い慣らされるカラダ

熱くて優しい舌先で、奥までトロトロに掻き混ぜられて… こんな求め方されたらもう、逆らえないっ! ――束縛グセのせいで過去の恋人たちにフラれ続けてきた有彩は、今カレの事も詮索してしまい怒らせてしまう。そこに居合わせたのが鬼上司・宗方さん。束縛グセの悩みを打ち明けると、直す必要はないと慰めてくれた。何でこんなに親切にしてくれるんだろう? と思っていたら、なんと宗方さんは有彩以上の束縛体質で!? 同じところをじっくり丁寧に責められて… 苦手な上司が相手なのに、どうしてこんなに感じちゃうの――?
甘い舌使いにイかされる、とろとろ溺愛キス。

甘い舌使いにイかされる、とろとろ溺愛キス。

診察室に響く、淫らな水音… 彼の舌が唇を割って入り、私の舌をゆっくり吸っては優しくなぞる… こんな気持ちのいいキスされたら、アソコまでとろとろになっちゃうよ…。――梓美はある日、辛党の彼氏に浮気をされる。その上、彼とのデートでいつも激辛料理を食べていたせいか、舌が完全マヒ! ――慌てて駆け込んだ幼なじみの病院。いつもふざけあってばかりの仲だけど、今日はいつも以上に奴の様子が変…? 「舌のマヒには優しいキスが効くんだよ」そう言うと、突然のキス! 漏れる吐息、絡まる舌… まさかの特別治療開始!?
俺のコト襲ってみろよ~年下くんの甘い挑発

俺のコト襲ってみろよ~年下くんの甘い挑発

後輩くんの甘い愛撫に、カラダの奥までとろけていく… ありのままの自分を「可愛い」と受け入れてくれる彼に、抵抗なんかできなくて…。――恋愛ご無沙汰な夕紀(29)は、その事をネタに自虐キャラを演じていた。ところがそれを、年下の後輩・秦くんから、「自分を傷付けない為に予防線を張ってるんでしょ?」と見破られてしまう。しかも、「年齢なんか言い訳にしないで、そっちから襲うくらいしてみろよ」という秦くんの挑発に乗って、なんとセックスすることになってしまい…!?
一緒にイきたい…!

一緒にイきたい…!

「我慢しなくていい。イくとこ見せて」感じやすさを探るように、先輩の指が敏感なトコロをなぞって… カラダの奥が、アツい―― 志乃の悩みは、彼氏とのエッチのときにイくタイミングが合わないこと。一緒にイけたら、心も通じ合ってるみたいで素敵なのに…。そんなある日、サークルの先輩にその悩みを知られちゃって…!? 「だったら俺が協力してやろうか」と押し倒されて―― どこをどうしたらイきやすいのか、先輩の舌が、指が、私を暴いていく―― こんなことしちゃだめなのに… いつもと違う快感に、声が抑えられない…!
プロ彼女になる方法~VIPルームで求められて…

プロ彼女になる方法~VIPルームで求められて…

「ただの性欲処理だから」そう言いながらも、丁寧にじっくりと奥を熱くしてくる舌と指先… お願い、これ以上感じさせないで――…。――人気俳優・岩動瑠唯に会う為、高級クラブに足を運んだ小夜。実は瑠唯とは高校の同級生。卒業後もずっと彼を忘れなかった小夜とは反対に、名前を名乗っても無反応な瑠唯に落ち込む小夜。ところが、2人きりで飲めるチャンスが! ぎこちないながらも会話している内に押し倒され、遊び目的と勘違いされたまま敏感な部分を優しく刺激されて…―― 大好きな人とのHのはずなのに、どうして胸が苦しいの…?
つまり絶倫。~だめっ…またイかされちゃう…!

つまり絶倫。~だめっ…またイかされちゃう…!

「絶倫」すぎる男との長い夜。もう… 何回目…? 何度も絶頂に達する私の躰… こんなの、へんになっちゃうよ……! 後輩の秋良とこっそり交際中の私。ラブラブで順調だけど、若い秋良は何回イってもすぐに復活するから寝不足気味…。しかも、そんな彼とのエッチが、同期のライバル・吉ヶ原匠吾にバレちゃった!? 「お前、満足できんの?あいつ、早漏だろ」と馬鹿にしてくる吉ヶ原。そして、秘密の代わりになぜか「俺をイカせてみせろ」と迫って来て――!?
弁護士の言葉責め。~ほら、どんどん溢れてくる

弁護士の言葉責め。~ほら、どんどん溢れてくる

「締まってきた…そろそろイクか?」弁護士の淫らな口述… ぐちゃぐちゃに蕩かされて… ダメ、それ以上されたら、溢れちゃう…! 付き合って2年の記念日に、なんと彼が結婚していたことが発覚! 乗り込んできた奥さんに「訴えてやる」と脅されて弁護士事務所へ相談に。…が、そこにいたのは、高校時代の同級生・遼だった! 相変わらず男に騙されやすい私に呆れながらも、引き受けてくれる彼。でも、不利な案件を引き受ける代わりに、「相応の対価は覚悟しておけよ」と押し倒してきて…… 弁護士の巧みな言葉責めと愛撫に…逆らえない…!
舌でこんなに感じるなんて…~ご指名客は男子校生

舌でこんなに感じるなんて…~ご指名客は男子校生

「ここにもキスしてあげようか?」コドモだと思ってた幼馴染に、感じるトコ全部舐め尽されて… 奥、ダメ、溢れてきちゃう――! 親の借金を返すためにキャバクラで働く菜々の悩みは、年下の幼馴染の海斗くんに仕事を反対されていること。黒服に「大人になったらおいで」ってあしらわれて諦めたと思ったけど… その晩お店のVIPルームで待っていたのは、スーツ姿の海斗くん!? そして、ある「賭け」に勝った海斗くんは私にキスして、押し倒してきて…。いつもと違う強気な目に抗えない… ダメ、そんなところ舐めないで…!
三者面談中にイクなんて…机の下、絡みつく脚と、ねじ込まれる指と

三者面談中にイクなんて…机の下、絡みつく脚と、ねじ込まれる指と

三者面談の机の下… 先生に乱され、お義父さんに奥まで弄られて… 感じちゃいけない相手なのに、我慢できなくて… イクッ―― 母を早くに亡くした茜は、優しい義父・宗一と二人暮らし。そんなある日、内緒で付き合っている先生とのキスを、宗一に見られていて… 帰るなり、初めて見る感情的な宗一に、押し倒され叱責される茜。…そして後日、三者面談で揃う3人。誰かの手がスカートの中に伸びてきて… 先生だと思い抵抗しようとするが… この手は、お義父さん!? 敏感なトコロを執拗に責められ、先生の前でイカされて… お義父さん、どうして…
おもてなし、シてあげる。~若旦那サマの指使いに掻き乱されて…

おもてなし、シてあげる。~若旦那サマの指使いに掻き乱されて…

「ほら、もうこんなに濡れてきた」火照った肌と乱れる浴衣… 若旦那サマの淫らなサービスは止まらない…! 失恋して傷心旅行にやって来た千夏は、なんと宿泊旅館の「100万人目のお客様」に選ばれる。その豪華特典は、若旦那からのお酌に、えっちなマッサージ!? きわどい指先に緊張していると、実は若旦那と千夏は幼馴染だと発覚。気づかない自分をからかっただけとわかってほっとしたのに、「まだ途中だったな」と再び浴衣に手を差し込んで来て―― 巧みな指使い、はだける浴衣… どうしよう、マッサージなのにこのままじゃ……!
弱いとこばかり…ダメ…!!~棋士は恋の100手先も読んでいる

弱いとこばかり…ダメ…!!~棋士は恋の100手先も読んでいる

棋士って、エッチのことまで先読みできるの…!? そんなところ責められたら―― カラダが熱くなって、もう、イっちゃう…! ――会社の将棋部に半ば強制的に入れられてしまった美織。おじさんくさい部の唯一の癒しは、週一で来てくれるプロ棋士の高科先生! ある日、先生の教室に招かれて2人で将棋を指していたら、駒が胸の谷間に滑り込んで――!? 駒を探す先生の指が、敏感なトコロをなぞっていく…。「君の弱いところは全部読めてる」ってどうして? アソコを責める舌使いが気持ち良すぎて… このままじゃ… 私っ…。
女の子だって、ひとりエッチしたいもん!

女の子だって、ひとりエッチしたいもん!

「いつもこうして指入れてんの?」ひとりHの跡を辿るように愛撫され、蕩けるカラダ… こんな快感、知らないよ――。担任の先生に憧れるあかり。ある日犬猿の仲の幼なじみ悠太に、「お前ってオナニーすんの?」と教室のド真ん中で聞かれてしまう。真っ赤になって、そんなことするわけない! と否定した…… ものの、実は、毎晩先生を想ってひとりH中……。こんなこと誰にも言えないと思ってた矢先、よりにもよって悠太にバレてしまった! 「シてるとこ見せてよ」そう脅されて逆らえないまま、どんどん行為はエスカレートしていき――!?
女形の、オトコな素顔~ちゃんと俺を見てイって。

女形の、オトコな素顔~ちゃんと俺を見てイって。

「俺のこと、男だってわからせてあげる」カラダに触れるその手は、大きくて力強くて…。女形だけど、男の人… なんだ―― 歌舞伎の『床山』である私の仕事は、人気急上昇中の女形・伊万理くんのかつらを結うこと。女性から見ても綺麗な顔で、幼い頃から一緒にいる彼はまるで妹みたい―― なんて言っていたら、突然楽屋で押し倒されちゃった…!? 「妹としか思えないか、試してみようよ」ってどういうこと!? キスされて、敏感なトコロを掻き回されて、もう… 何も考えられない…っ。